融雪工事の見積/提案のお助け.COM  
あなたの「融雪検討」と「業者選び」をお助け

アスパラガスなどの生産等で知られる飯山市は、全域が特別豪雪地帯で、非常に雪が多い場所としても知られています。飯山では、1月だけでも平年で3m以上(317cm)の雪が降っています。3mといえば、大人の身長をはるかに上回る量です。これほどの降雪を相手に、日々の雪片づけで、かなりの「労力」や「時間」が使われています。

「融雪」が、このような雪片づけで失っていた「労力」や「時間」をもっと有効に活用できるようにし、また雪下ろしなどの「危険」をも肩代わりします。 玄関前や車の周りに降った雪が、片付けなくても融けてなくなることが、冬の生活や気分を大きく変えるきっかけになるはずです。 雪がたくさん降っても、雪に埋もれない状況は、思っている以上に、見映えや気分をスッキリさせ、利用者やその家族を喜ばせてます。

多くて重い飯山市の雪

飯山市は全域が特別豪雪地帯で、長野県でも特に雪の多い場所です。年間の降雪深は平年でも8mを超え(854cm)ます。同じ県の長野市(263cm)と比べると、ゆうに3倍以上降ります。 気温の寒暖により、雪が湿った重い状態になったり、融解後に凍結して固く・重く締まった雪になったりして、除排雪や雪下ろしでの負担をさらに大きくしたりします。

降雪及び気象の平年値(1981~2010の30年間の平均値)より
 野沢温泉(参考)長野県飯山信濃町(参考)長野(参考)
降雪の深さ合計 年間では1177cm
最も多いのは1月で
日ごとに12~14cm
程度で合計406cm
年間では854cm
最も多いのは1月で
日ごとに9~11cm
程度で合計317cm
年間では799cm
最も多いのは1月で
日ごとに8cm
程度で合計251cm
年間では263cm
最も多いのは1月で
日ごとに3~4cm
程度で合計98cm
気温 1月 -4.51.9
(平均気温-1.5度)
1月 -6.52.3
(平均気温-1.9度)
1月 -8.11.1
(平均気温-3.2度)
1月 -4.13.5
(平均気温-0.6度)
風速 1月平均風速 0.9m/s 1月平均風速 1.2m/s 1月平均風速 2.1m/s 1月平均風速 2.0m/s
備考下高井郡野沢温泉村大字豊郷字南飯山市大字飯山字大道東上水内郡信濃町柏原字小丸山長野市箱清水
※データは「気象庁HP気象統計情報(http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html)」の公開データを参考にしました。

「雪の悩み」から選ぶ「融雪」いろいろ

雪下ろしへの不安
 年齢を重ねるにつれ、危険が伴う雪下ろしを、自身や家族がいつまで続けられるか不安に思う人は多いです。一方で、雪下ろし業者は依頼が集中しやすく、頼みたいときには手配が難しいことが多いです。
 → 「雪下ろし業者への依頼」「屋根融雪」等

建物・家屋への被害
 大雪の年になると建物や家屋への被害をよく目に耳にします。例えば、空き家や小屋の倒壊や、軒や屋根の破損、雨樋の破損、外壁の損傷、窓などガラスの破損などがあります。
 → 「自身又は業者による雪下ろし・除排雪」「屋根融雪」等

雪捨て場の問題
 市街地や住宅密集地などでは、雪捨て場が無い又は遠いことが問題です。流雪溝がある場所でも、雪の量によっては排雪で困ることもあります。 除雪作業での排雪場所を巡り近所とトラブルになることもあります。
 → 「排雪業者への依頼」「融雪機・融雪槽」「ロードヒーティング」「散水消雪」等

日々の除雪が体力的・時間的に負担
 日々の雪片づけ、体力的にも、拘束される時間的にも負担に感じる人は多いです。
 → 「ロードヒーティング」「散水消雪」「融雪マット」等

設備・器物・クルマへの被害
 雪庇やつららの落雪・落氷、あるいは雪下ろし作業で落とした雪や氷の塊によって、外壁や窓ガラス、付属設備(エアコン屋外機・プロパンガス・灯油タンク・各種メーターなど)、植木・鉢植え、クルマ、自転車などが被害を受けることがあります。
 → 「適切な雪下ろし・除排雪」「雪止め+屋根融雪」等

隣地・隣宅とのトラブル
 屋根からの落雪・落氷が隣の敷地に入ったり、隣の建物や設備、器物に損傷を与えることもあります。又はそのような事態を心配した、苦情を受けることもあります。
 → 「フェンス設置」「雪止め+屋根融雪」等

家族や通行人などへの危険
 屋根からの落雪や落氷が、家族や通行人にぶつかった場合、ケガでは済まない場合もあります。
 → 「危険箇所への立ち入りを防ぐ」「こまめな雪庇・つらら落とし」「雪止め+屋根融雪」等

後悔しない融雪選び※融け方・熱量・範囲・コスト・手間・見た目など

飯山市は全域が特別豪雪地帯であり、道路の消雪パイプや、散水消雪はおなじみです。千曲川近くなどでは、浅い井戸でも消雪に使える水量が確保できる地域もあります。一方で山あいなどには数十メートルボーリングしても水がでない場所もあります。ところで融雪は地下水を使うもの以外にも、散水にはない特徴を備えたロードヒーティングなどの方法もあります。

屋根の融雪も利用され、電気やボイラーを熱源とする融雪で、雪下ろしの「危険」や「労力」を肩代わりしつつ、雪庇・つらら・落雪・落氷などを防ぐのにも役立ってます。

屋根融雪
屋根や雨樋などの融雪で、ルーフヒーティングなどとも呼ばれます。熱源としては電気やボイラー等があります。屋根の下に施工するものや、屋根の上に設置するものなどがあり、それぞれ長短があります。屋根全体を融雪する以外にも、「雨樋のつらら防止」「軒先融雪で雪庇・ツララ対策」「隣家に近い屋根のみ」「谷部など雪がたまりやすい箇所」など様々な使い方があります。

地面融雪
井戸を掘り、地下水を散水する消雪がおなじみです。その一方で、散水消雪にはない特徴を備えたロードヒーティング等もあります。雪捨て場がない場合には融雪機を使う方法もあります。

融雪工事に公的な補助は?

豪雪地域では、雪対策に自治体などからの補助がある場合があります。 全国的に行われており、具体的には、「工事費の一部負担」や、「無利子融資又は低利融資」などがあります。 ただし財政状況によっても影響されるため、過去にはあっても、なくなるケースもあります。

飯山市の制度について、概要をまとめます。
(今年も同じ制度が行われているか?、まだ予算が残っているか?、あるいは制度の詳細については、市のホームページや市役所に問合せて確認しましょう。)

「飯山市住宅屋根融雪化事業補助金」制度
 不凍液や温水等の循環方式や電熱等で屋根雪を融かす装置で、地下水を利用するものは対象外です。高齢者世帯や母子家庭・父子家庭などを対象。融雪装置の設置にかかる直接経費の10分の1以内(限度額30万円)。【平成25年調べ】

あなたに必要な融雪と、その融雪が得意な業者を無料相談で見つける

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず名前・連絡先・住所を教えて、自宅に来てもらって提案を受けるというのが一般的です。 しかし希望の業者が見つかるまで、この作業を繰り返すのは大変です。

また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

融雪はスタートが肝心
融雪はスタートが肝心です。雪が積る前にスタートすることが大事です。雪は積ってしまうと融かすのが、一気に難しくなります。そのため、センサーなどによる自動運転がポイントになります。節約するつもりで、運転を控えてスタートが遅れ、融かしきれずに失敗するという話をときどき耳にします。

北秋田市の雪対策に融雪ガイド【地面・屋根融雪】井戸/ロードヒーティング/融雪機・融雪槽
秋田県北秋田市での融雪検討。まずは地域の雪質・量・特性を整理。比較的浅い井戸で地下水が利用できる地域もあり、その利用価値は高いです。雪・氷・ツララに対応するためどんな融雪があるのか?そしてどうやって業者を見つけるか?を解説。屋根でも地面でもまずは融雪を知ることから。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒート.....

除雪機で解決できない除雪の悩みに応える融雪
日々の除雪作業を楽にしたいという発想から、除雪機を解決策として思いつく人は多いですが、意外に除雪機では解決できない雪の悩みは多いです。その中には、実は融雪なら、解決できる悩みが多く含まれてます。除雪機による除雪の限界や課題と、融雪による代替案について解説します。.....

新潟県妙高市【失敗しない融雪ガイド】~ロードヒーティング/屋根融雪/雨樋・ルーフヒーティング/消雪・井戸・・・
新潟県妙高市で失敗しない融雪選びのために。妙高市の雪の状態、気温・地域特性にあった融雪であるだけでなく、経済性や解決したい問題なども十分考える事が大事。除排雪の労力や時間、雪下ろしの危険性、落雪・落氷の恐れ、雪庇・つららなど。そして種類の多い融雪だけに、融雪業者によって解決できる問題や得意な融雪は違.....

節約したいロードヒーティング|今のボイラーを利用できる融雪槽
灯油価格が高くなるとロードヒーティングにかかるランニングコストが負担です。でも雪を放置するわけにいかない。そこで既存のボイラーを活用できる融雪槽が便利です。ボイラーを切り替えて利用すれば、既存のロードヒーティングも予算に合わせて活用できます。.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営