融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

【新潟県】融雪工事の見積お助け

「融雪でできること」から「業者選び」までガイド

県内各地の雪の概要と特集ページ

新潟県の市区町村
市区町村降雪の深さ合計
1年間の平年値
最高・最低・平均気温
1月の平年値
参考観測地
上越地域
上越市6.4[m](635[cm])-1.3度 ~ 7.1度 (平均 2.4度)高田
糸魚川市6.2[m](620[cm])-1.4度 ~ 6.8度 (平均 2.2度)能生
妙高市11.7[m](1172[cm])-3.7度 ~ 4.5度 (平均 -0.1度)関山
中越地域
加茂市        新津,長岡
三条市        長岡,新津
長岡市6[m](595[cm])-1.7度 ~ 5.5度 (平均 1.3度)長岡
柏崎市3.8[m](378[cm])-1.2度 ~ 7.5度 (平均 2.7度)柏崎
小千谷市        長岡,十日町,小出
十日町市11.7[m](1169[cm])-3.6度 ~ 4度 (平均 -0.2度)十日町
見附市        
魚沼市9.7[m](965[cm])-3.1度 ~ 4.1度 (平均 0.1度)小出
南魚沼市        
南蒲原郡田上町,三島郡出雲崎町,南魚沼郡湯沢町,中魚沼郡津南町,刈羽郡刈羽村
下越地域
新潟市2.2[m](217[cm])-0.4度 ~ 6.7度 (平均 2.8度)新潟
新発田市        
村上市        
燕市        長岡,新津
五泉市        
阿賀野市        
胎内市        
北蒲原郡聖籠町,岩船郡関川村,粟島浦村,西蒲原郡弥彦村,東蒲原郡阿賀町
佐渡市
佐渡市        
※データは「気象庁HP気象統計情報(http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html)」の公開データを参考にしました。

融雪のいろいろと特徴

融雪業者に相談するなら

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず名前・連絡先・住所を教えて、自宅に来てもらって提案を受けるというのが一般的です。 しかし希望の業者が見つかるまで、この作業を繰り返すのは大変です。

また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

屋根融雪・地面融雪のガイド【新潟県上越市】~ルーフヒーティング/ロードヒーティング/消雪/井戸/・・
新潟県上越市も豪雪地帯として知られ、そんな上越市だからこそ雪の量や質、そして気温や地域特性にあった融雪を選ぶ事が大事です。融雪は単に、除排雪の労力や時間を省き、雪下ろしの危険を肩代わりするだけではないです。雪庇・つららなどもスッキリさせ、落雪・落氷の心配を減らし、ストレスや負担が減ることで、もっと冬.....

高齢化の影響
ご存知の通り、高齢化は地方ほど進んだ問題です。除排雪業者、ボランティアでも例外ではないです。もともと、大雪の時には依頼が集中して不足しがちの状況ですが、今後高齢化が進むとその担い手自体が少なくなっていきます。人力による除排雪を補う工夫や知恵が大事です。

青森県弘前市の融雪ガイド|見積・提案で業者選び|地面/屋根融雪・ロードヒーティング・井戸
青森県弘前市の融雪検討をガイド。まずは雪質・量・地域特性の把握、そして雪・氷・ツララ対策のために融雪で何ができるかを知ることが大事。融雪には屋根や地面の種類のほか、熱源も様々。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水などの特徴をチェック。青森県弘前市の融雪を、匿名・無料でもらう見積・提案で業.....

初めてでも失敗しない井戸(地下水)消雪の計画:9つのポイント
地下水(井戸)を利用した融雪(消雪)は実績も多く、熱源が自然エネルギー(地熱)に由来するためランニングコストも安く魅力的な方法です。一方で、利用できる地域や条件があり、利用できる場合でも分かりにくい部分も少なくないです。初めての人にも分かりやすく、井戸消雪の計画や施工・運用面でのポイントをまとめまし.....

見落しやすい壁や軒、設備等へのダメージ|雪庇・つらら・落雪・落氷
落雪や落氷により、壁や軒、設備が受けるダメージが見落されやすいです。窓の場合には気づきやすく、費用はかかりますが修理はしやすいです。一方、壁へのダメージは気づかないうちに傷みが蓄積しやすいです。いざ直す場合も大掛かりになることも。.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営