融雪工事の見積/提案のお助け.COM  
あなたの「融雪検討」と「業者選び」をお助け

多くて重い新庄市の雪

新庄市は特別豪雪地帯で、県内でも特に雪の多い場所です。年間の降雪深は平年でも8mを超え(817cm)ます。豪雪地帯である山形市(426cm)と比べて2倍近く降ります。 気温の寒暖により、雪が湿った重い状態になったり、あるいは融解と凍結で固く・重く締まった雪になったりします。また、道路除雪で除雪車が、家や屋敷の前に残していく固い雪の固まりも、困った雪のひとつです。
除排雪や雪下ろしでの負担は大きいです。

降雪及び気象の平年値(1981~2010の30年間の平均値)より
 金山(参考)山形県新庄市山形県尾花沢山形(参考)
降雪の深さ合計 年間では917cm
最も多いのは1月で
日ごとに9~11cm
程度で合計312cm
年間では817cm
最も多いのは1月で
日ごとに8~10cm
程度で合計283cm
年間では948cm
最も多いのは1月で
日ごとに9~12cm
程度で合計332cm
年間では426cm
最も多いのは1月で
日ごとに4~5cm
程度で合計148cm
気温 1月 -5.12.2
(平均気温-1.7度)
1月 -4.72.7
(平均気温-1.1度)
1月 -4.82.5
(平均気温-1.3度)
1月 -3.94.2
(平均気温-0.4度)
風速 1月平均風速 1.3m/s 1月平均風速 3.1m/s 1月平均風速 2.4m/s 1月平均風速 1.5m/s
備考最上郡金山町金山字本町新庄市東谷地田町尾花沢市尾花沢字上新田山形市緑町
※データは「気象庁HP気象統計情報(http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html)」の公開データを参考にしました。

後悔しない融雪選び※コスト・手間・融け方・熱量・範囲・見た目等々

あなたに必要な融雪と業者を、無料相談で見つける

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず名前・連絡先・住所を教えて、自宅に来てもらって提案を受けるというのが一般的です。 しかし希望の業者が見つかるまで、この作業を繰り返すのは大変です。

また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

融雪の自動運転と手動運転|利用者にしか分からない本音
融雪にはランニングコストがかかります。そのため便利とはいえ自動運転にしていると、ムダに思えるようなタイミングの運転が気になります。そのため自動と手動を組合せて利用している人は多いです。手動運転に適したタイプとか、手動運転の失敗とか、自動運転のロスとかの話。.....

節約したいロードヒーティング|今のボイラーを利用できる融雪槽
灯油価格が高くなるとロードヒーティングにかかるランニングコストが負担です。でも雪を放置するわけにいかない。そこで既存のボイラーを活用できる融雪槽が便利です。ボイラーを切り替えて利用すれば、既存のロードヒーティングも予算に合わせて活用できます。.....

新潟県妙高市【失敗しない融雪ガイド】~ロードヒーティング/屋根融雪/雨樋・ルーフヒーティング/消雪・井戸・・・
新潟県妙高市で失敗しない融雪選びのために。妙高市の雪の状態、気温・地域特性にあった融雪であるだけでなく、経済性や解決したい問題なども十分考える事が大事。除排雪の労力や時間、雪下ろしの危険性、落雪・落氷の恐れ、雪庇・つららなど。そして種類の多い融雪だけに、融雪業者によって解決できる問題や得意な融雪は違.....

【秋田県能代市】雪対策と融雪ガイド(地面・屋根)ロードヒーティング/井戸/融雪機・融雪槽
秋田県能代市の沿岸に近い地域では秋田県の中では雪が少ないほうです。一方で二ツ井など内陸にいくほど雪の量も多くなっていきます。融雪の検討のため、まず地域の雪質・量・特性を整理。そして悩みの雪・氷・ツララにどんな融雪があるのか?相応しい業者選びとは?について解説。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ.....

融雪はスタートが肝心
融雪はスタートが肝心です。雪が積る前にスタートすることが大事です。雪は積ってしまうと融かすのが、一気に難しくなります。そのため、センサーなどによる自動運転がポイントになります。節約するつもりで、運転を控えてスタートが遅れ、融かしきれずに失敗するという話をときどき耳にします。

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営