融雪工事の見積/提案のお助け.COM  
あなたの「融雪検討」と「業者選び」をお助け

米沢市は 山形県内でも 特に雪の多い地域で、「特別豪雪地帯」です。 平年でも年間で7メートル以上(713cm)の雪が降ります。 このことを反映して昔から井戸水を利用した消雪が広まっています。 しかし地下水の使いすぎ等による環境への影響(地盤沈下など)が 考慮されるようになり、条例による規制も行われています。

井戸を利用した消雪は、大きく「浅井戸」と「深井戸」に分けられます。
 ・「浅井戸」は 井戸工事も 揚水のためのポンプも 安価です。
 ・「深井戸」は 工事・ポンプに 費用は かかりますが、ランニングコストについ
  ては「浅井戸」同様に 経済的です。

井戸の「浅井戸」か、「深井戸」かは、その土地の 地下水の「深さ」や「水量」によって 決まります。 しかし、冬は 地下水位が下がりやすい時期 でもあり、水枯れの心配を 減らすため「深井戸」での消雪を 選ぶ場合もあります。

融雪は 井戸水を利用するもの だけではないです。 地下水の有無に関係なくできる 電気ボイラーヒートポンプなどの 方式もあります。 地下水に比べると ランニングコストは かかりますが、「水枯れ」などの 心配がありません。 井戸を掘らないため、工事費など 初期費用で 安く済む場合も多いです。


米沢市では、雪止めをつけない自然落雪式の屋根も多いです。 自然落雪式の屋根でも、経年により屋根のすべりが悪くなると、雪が少しづつでは落ちにくくなります。 塗装などのメンテナンスが大事です。
自然落雪式なのに、もともと落雪させるためのスペースに、雪を落とせなくなる場合もあります。 その場合には、屋根に雪止めをつけて「雪下ろし」又は「屋根融雪」で対応する必要がでてきます。

雪下ろしを前提に、屋根に雪止めがついている屋根でも、いずれは家族の高齢化などで 雪下ろしが困難になる時もきます。そのときの代替方法としては、「雪下ろしを業者に依頼」したり、あるいは「屋根融雪」という方法もあります。 業者による雪下ろしは、大雪になるほど 依頼が集中しますし、必要な時に 業者が見つからなかったり、ものすごく待たされたりすることも 多いです。注意が必要です。 危険な 軒先のツララや 雪庇については、「屋根融雪」で すっきり解決できることも多いです。

米沢市での融雪検討について、以下に順に説明します。

重くて多い米沢市の雪

米沢市は、山形県でも 特に雪の多い地域です。年間の降雪深は 平年でも7メートルを超え(713cm)ます。山形市(426cm)と 比べても かなり多いことが分かります。 気温の寒暖により、雪が湿った重い状態になったり、融解と凍結により固く・重く締まった雪になったりします。
そのような重い雪の場合、除排雪や 雪下ろしが いっそう大変です。

降雪及び気象の平年値(1981~2010の30年間の平均値)より
 長井(参考)山形県米沢市山形(参考)酒田(参考)
降雪の深さ合計 年間では778cm
最も多いのは1月で
日ごとに8~10cm
程度で合計267cm
年間では713cm
最も多いのは1月で
日ごとに8~9cm
程度で合計266cm
年間では426cm
最も多いのは1月で
日ごとに4~5cm
程度で合計148cm
年間では321cm
最も多いのは1月で
日ごとに3~4cm
程度で合計122cm
気温 1月 -4.93.2
(平均気温-1.2度)
1月 -4.83.4
(平均気温-0.9度)
1月 -3.94.2
(平均気温-0.4度)
1月 -1.55.6
(平均気温1.7度)
風速 1月平均風速 1.8m/s 1月平均風速 ///m/s 1月平均風速 1.5m/s 1月平均風速 5.8m/s
備考長井市平山米沢市アルカディア山形市緑町酒田市亀ケ崎
※データは「気象庁HP気象統計情報(http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html)」の公開データを参考にしました。

米沢での融雪 と 失敗しない融雪選び

米沢市は 県内でもよく知られる 豪雪地帯であり、散水消雪は おなじみです。 道路や歩道などでは地下水を使った無散水融雪も多いです。 地下水の使い過ぎによる環境への影響(地盤沈下など)も考慮され、規制のための条例 もあります。
規制の内容は、条例に もとづいた「米沢地域地下水採取適正化計画(昭和51年策定・平成7年一部変更)」に 示されています。 具体的には使用できる「ポンプの大きさ」が定められており、大量の水量の汲み上げを制限しています。 通常の一般家庭で 用いられる消雪程度の水量では 特に問題に ならないですが、かなり広い面積の消雪を考える場合には 注意が必要です。

地下水以外にも 融雪の方法は あります。例えば、地下水の有無に関係なくできる 電気や ボイラーを熱源としたロードヒーティング。 また、雪捨て場や 流雪溝がない場所での 排雪のため、融雪機や融雪槽を 利用する方法もあります。
屋根の融雪も利用され、電気やボイラーを熱源とする融雪で、雪下ろしの「危険」や「労力」を肩代わりしつつ、重苦しい 雪庇・つらら、危険な落雪・落氷などを 防ぐのにも役立ちます。
なお節約&エコな熱源として注目されている ヒートポンプもありますが、熱量が限られるため、米沢市ほどの豪雪地帯では、利用者の理解や工夫が欠かせません。

屋根融雪
屋根や雨樋などの融雪で、ルーフヒーティングなどとも呼ばれます。熱源には 電気がよく用いられますが、ボイラーによるものもあります。「屋根の下に施工するもの」や、「屋根の上に設置するもの」などがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。屋根全体を融雪する以外にも、「雨樋だけ」「軒先のみ」「隣家に近い屋根のみ」など様々な使い方があります。

地面融雪
井戸を掘り、地下水を散水する消雪が おなじみです。ほかにも、散水消雪のような 水浸し・水撥ねがなく、地下水の有無に関係なく 利用できるロードヒーティングもあります。雪捨て場がない場合には 融雪機や融雪槽を使う方法もあります。

「雪の悩み」から選ぶ「融雪」いろいろ

お隣や歩行者とのトラブル
 屋根からの落雪・落氷が建物や器物、設備などに被害をもたらしたり、自宅の敷地外に及び苦情を受ける場合もあります。 自然落雪式の場合、屋根のすべりを維持し、少しづつ雪が落ちるようにするためにメンテナンスも大事です。 雪止めのある屋根の場合でも軒先のツララや雪庇による落雪・落氷が問題になることもあります。軒先のこまめな管理のほか、軒先融雪が有効な場合も多いです。
 → 「屋根のメンテナンス」「フェンス設置」「雪止め+屋根融雪」等

除雪作業に要する体力・時間を節約したい
 雪片づけ・雪避せに要する時間がもったいなかったり、体力的に限界を感じている人も多いです。
 → 「散水消雪」「ロードヒーティング」「融雪マット」等

雪捨て場がない!
 除雪をするにも、雪を捨てる場所の少ない市街地や住宅密集地などでは、避せた雪を巡りトラブルとなることもあります。積もった雪だけじゃなく、除雪車が間口に置いていく固い雪や、屋根から落ちて締め固まった雪の処分も大変です。
 流雪溝が使える場合でも、大雪の場合には排雪に困ることもあります。
 → 「散水消雪」「融雪槽」「融雪機」「排雪業者への依頼」「ロードヒーティング」等

雪下ろしの危険と負担を回避
 自然落雪の屋根でない場合、屋根の雪下ろしを要すことも多いです。しかしアパート住まいが長く雪下ろしに慣れていなかったり、家族の高齢化などで、雪下ろしの負担や危険が年々増している場合も多いです。業者に頼む雪下ろしでは、大雪ほど依頼が殺到して頼みづらくなる傾向にあります。
 → 「雪下ろし業者への依頼」「屋根融雪」等

あなたにピッタリな融雪と業者を、無料相談で見つける

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず名前・連絡先・住所を教えて、自宅に来てもらって提案を受けるというのが一般的です。 しかし希望の業者が見つかるまで、この作業を繰り返すのは大変です。

また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

雨樋
積雪地では雨樋をつけない家も少なくないです。冬の間に雪やつららにより破損することも多いからです。冬の間だけ雨樋を取り外すということをしている家も多いです。他には、雨樋にヒーターを設置するという方法もありますが、大雪のときにはそれだけでは間に合わない場合もあります。

青森県弘前市の融雪ガイド|見積・提案で業者選び|地面/屋根融雪・ロードヒーティング・井戸
青森県弘前市の融雪検討をガイド。まずは雪質・量・地域特性の把握、そして雪・氷・ツララ対策のために融雪で何ができるかを知ることが大事。融雪には屋根や地面の種類のほか、熱源も様々。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水などの特徴をチェック。青森県弘前市の融雪を、匿名・無料でもらう見積・提案で業.....

見落しやすい壁や軒、設備等へのダメージ|雪庇・つらら・落雪・落氷
落雪や落氷により、壁や軒、設備が受けるダメージが見落されやすいです。窓の場合には気づきやすく、費用はかかりますが修理はしやすいです。一方、壁へのダメージは気づかないうちに傷みが蓄積しやすいです。いざ直す場合も大掛かりになることも。.....

屋根融雪・地面融雪のガイド【新潟県上越市】~ルーフヒーティング/ロードヒーティング/消雪/井戸/・・
新潟県上越市も豪雪地帯として知られ、そんな上越市だからこそ雪の量や質、そして気温や地域特性にあった融雪を選ぶ事が大事です。融雪は単に、除排雪の労力や時間を省き、雪下ろしの危険を肩代わりするだけではないです。雪庇・つららなどもスッキリさせ、落雪・落氷の心配を減らし、ストレスや負担が減ることで、もっと冬.....

初めてでも失敗しない井戸(地下水)消雪の計画:9つのポイント
地下水(井戸)を利用した融雪(消雪)は実績も多く、熱源が自然エネルギー(地熱)に由来するためランニングコストも安く魅力的な方法です。一方で、利用できる地域や条件があり、利用できる場合でも分かりにくい部分も少なくないです。初めての人にも分かりやすく、井戸消雪の計画や施工・運用面でのポイントをまとめまし.....

米沢市内の融雪情報

「米沢駅東口の道路」と「国道13 号線」との交差点付近の歩道に、地下水熱を使った融雪(無散水)。

米沢駅西口の歩道・バスプール・タクシープールに、空気熱源ヒートポンプを使った融雪。

米沢駅の南に位置する こ線橋の歩道と道路の一部に、電熱線による融雪。(市道米沢駅南北線)

米沢一中(米沢市立第一中学校)付近の県道6号線の歩道に、地下水熱を使った融雪(無散水)。

米沢市立西部小学校前の県道152号線の歩道に、ボイラー温水循環の融雪。

米沢市矢来の県道245号線の歩道の一部(踏切に近い区間)に、地下水熱を使った融雪(無散水)。

白布温泉街道路に、温泉水とボイラーを利用した融雪。

福島県・山形県境にある大峠トンネルの米沢側出入口の車道に、トンネル内の湧出水熱を使った融雪。

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営