融雪工事の見積/提案のお助け.COM  
「どこまで融雪でできるか?」から 「業者選び」までをお助け

秋田市は全域が豪雪地帯となっています。特別豪雪地帯も多い県内においては、雪が多いほうとはいえないですが、それでも1月だけでも1m以上(138cm)の雪が降ります。 通路や家の前、車の上に積った雪は、そのままにはできないので、日頃の雪片づけに費やされる労力や時間は、実は結構なものです。 玄関前や駐車スペースだけでなく、屋根の上にも雪は降りますし、雪おろしなど危険を伴う作業も要します。

融雪は、雪片づけの「労力」や「時間」、又は雪下ろしなどの「危険」も肩代わりします。さらに、見映えもスッキリすることが多いです。


秋田市の場合、浅井戸で水量が確保できる土地も多く、「地下水が利用できる土地かどうか?」が、融雪選びの一つのポイントになります。
どうして?その理由は、地下水が不安なく利用できる場所なら、ランニングコストが他の方式よりかなり安く済むことが多いからです。 例えば、車2~3台の駐車スペースでも、電気代が1ヶ月で1,000円~2,000円で済む場合もあるそうです。 電気やボイラー、ヒートポンプのロードヒーティングでは、ここまで安くはできないです。

地下水は土地によりますが、秋田市では新屋や仁井田、土崎、旧天王町などなど、浅井戸で水が確保できる地域も多いです。 地下水の水量については、データが整備・公表されているわけではないため、井戸融雪(消雪)を得意とする業者に聞くことになります。

地下水以外では電気ボイラーヒートポンプなどの融雪もあります。 地下水の有無に関係しないため、地域を選ばず施工できます。 地下水と異なり、水枯れの心配もないです。 ちなみに「水枯れ」のケースとしては、地震や渇水など自然によるもののほか、近くで工場など大きな地下水利用者が取水を始めるなどの影響で水が取れなくなることもあります。

ランニングコストへの関心の高まりから、ヒートポンプの実績も増えています。また、電気ヒーターのタイプでも、範囲を分割して交互運転することで電気料金を安くする方法もあります。ボイラーによる温水循環でも、熱伝導を高めたり運転方法の工夫で、熱量の大きいボイラーの特徴を活かしたまま節約に取り組む方法もあります。

秋田市での融雪選びで見落とせない情報を、順に解説していきます。


秋田市の雪~湿って重い雪

沿岸部にある秋田は、県内では比較的雪が少ないですが、それでも年間の降雪深は平年でも4m近く(377cm)あります。 内陸側の旧雄和町では6m(603cm)にも達します。 なお気温等の関係で、雪が湿った重い状態で積っていることも多いです。
重い雪ほど、除排雪や雪下ろしは大変です。

降雪及び気象の平年値(1981~2010の30年間の平均値)より
 五城目(参考)秋田県秋田大正寺横手(参考)
降雪の深さ合計 年間では414cm
最も多いのは1月で
日ごとに5~6cm
程度で合計173cm
年間では377cm
最も多いのは1月で
日ごとに4~5cm
程度で合計138cm
年間では603cm
最も多いのは1月で
日ごとに6~8cm
程度で合計221cm
年間では798cm
最も多いのは1月で
日ごとに8~10cm
程度で合計286cm
気温 1月 -4.63.5
(平均気温-0.9度)
1月 -2.94.0
(平均気温0.1度)
1月 -4.73.0
(平均気温-1.1度)
1月 -5.22.3
(平均気温-1.6度)
風速 1月平均風速 1.8m/s 1月平均風速 5.1m/s 1月平均風速 2.4m/s 1月平均風速 1.7m/s
備考南秋田郡五城目町上樋口字屋岸秋田市山王秋田市雄和新波字寺沢横手市横手町大樋
※データは「気象庁HP気象統計情報(http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html)」の公開データを参考にしました。

雪の悩みによって選ぶ 融雪の種類

設備・器物・クルマへの被害
 雪庇やつららの落雪・落氷、あるいは雪下ろし作業で落とした雪や氷の塊によって、外壁や窓ガラス、付属設備(エアコン屋外機・プロパンガス・灯油タンク・各種メーターなど)、植木・鉢植え、クルマ、自転車などが被害を受けることがあります。

  「適切な雪下ろし・除排雪」「雪止め+屋根融雪」等


建物・家屋・カーポートへの被害
 大雪の年には破損・被害を受けた建物や家屋をよく目にします。例えば、空き家や小屋の倒壊や、軒や屋根の破損、雨樋の損壊、外壁の損傷、窓などガラスの破損、カーポートの倒壊・破損・歪みなどがあります。

  「自身又は業者による雪下ろし・除排雪」「屋根融雪」等


隣地・隣宅とのトラブル
 屋根からの落雪・落氷が隣の敷地に入ったり、隣の建物や設備、器物に損傷を与えることもあります。又はそのような事態を心配した、苦情を受けることもあります。

  「フェンス設置」「雪止め+屋根融雪」等


家族や通行人などへの危険
 屋根からの落雪や落氷が、家族や通行人にぶつかった場合、ケガでは済まない場合もあります。通りに面した屋根の雪庇やつららの存在が、トラブルの原因になることもあります。また除雪や雪おろし作業中の落雪・落氷でケガしている人も少なくないです。

  「危険箇所への立ち入りを防ぐ」「こまめな雪庇・つらら落とし」
    「雪止め+屋根融雪」等


日々の除雪が体力的・時間的に負担
 朝の出勤前や、仕事や外出から疲れて帰ってからの雪片づけ。体力的な負担や、費やされる時間がもったいないと感じる人は多いです。吹雪などで寒さがけっこう堪えるときもあります。

  「ロードヒーティング」「散水消雪」「融雪マット」等


雪下ろしへの不安
 年齢を重ねるにつれ、危険が伴う雪下ろしを、自身や家族がいつまで続けられるか不安に思う人は多いです。一方で、雪下ろし業者は依頼が集中しやすく、頼みたいときには手配が難しいことが多いです。

  「雪下ろし業者への依頼」「屋根融雪」等


折板屋根のスガ漏り・屋根破損
 工場や大型の店舗などに多い折板屋根。建物内の熱で屋根上の雪融け水が低い方へ流れ、軒先で大きなツララや氷の塊をつくることも多いです。一度できた氷の塊は取り除くのが大変で、屋根の上には排水できない雪解け水がプールのように溜まることもあり、スガ漏りの原因になります。さらに軒先自体の破損や、落氷・落雪による軒先下に置かれた設備・機器が被害を受けることもあります。

  「雪下ろしと排雪」「屋根融雪」等


雪捨て場の問題
 市街地や住宅密集地などでは、雪捨て場が無い又は遠いことが問題です。流雪溝がある場所でも、雪の量によっては排雪で困ることもあります。 除雪作業での排雪場所を巡り近所とトラブルになることもあります。

  「排雪業者への依頼」「融雪機・融雪槽」「ロードヒーティング
    「散水消雪」等


様々な融雪とその特徴&選び方@秋田市

秋田市においても屋根の融雪が行われてます。目にした建物の軒先にツララや雪庇がないのは、実は屋根融雪のおかげかもしれないです。 地面では散水消雪のほか、地面を水浸しにしない無散水の融雪もあります。地下水の有無に依存しないロードヒーティングも使われてます。除雪車が置いていく固い雪の処分や、雪捨て場問題を解消するため、融雪機・融雪槽なども使われています。灯油高や電気の価格への不安から、ランニングコストに優位なヒートポンプの実績も伸びています。また電気融雪でも分割交互運転を取り入れてランニングコストを下げるということも行われています。

屋根の融雪
ルーフヒーティングとも呼ばれます。熱源に電気ボイラー等がよく使われます。屋根を剥がさないで設置できる屋根の上に設置するタイプと、目立たない屋根の下に入れるタイプがあります。屋根の種類や状況、どうしたいかの希望に応じて選ぶことになります。
融かす範囲についても、屋根全体を融雪する以外にも、目的に応じて、「隣家に近い屋根のみ」「雪庇やつらら防止に軒先のみ」などランニングコストも意識して選ばれるようになっています。

地面の融雪
井戸を掘り、ポンプで地下水を散水する消雪のほか、水浸しにしないように舗装下の配管に循環させて地下水熱を利用する無散水の消雪もあります。そのほか地下水がない場所でも使える、電気ボイラーヒートポンプによるロードヒーティング、雪捨て場として使われる融雪機・融雪槽などがあります。ランニングコストへの意識から、ヒートポンプの実績が伸びていますし、電気もボイラーも節約のための工夫が行われています。
ロードヒーティング等の融雪も、駅前や歩道、階段など公共の場などでもが使われており、地面の融雪は身近なものになってきてます。

土地の特性と融雪 失敗しない業者選び
もし浅い井戸で地下水が利用できる土地なら、工事費・ランニングコストが安い地下水を利用する融雪がおすすめです。散水消雪のほかにも、水浸しにしない無散水融雪もあります。 しかし地下水が不安な場所では、電気ボイラーヒートポンプなどの熱源が使われています。地面融雪以外でも、ツララや雪庇などの落雪・落氷を防いだり、雪おろしを軽減するには、屋根融雪が使われています。

いろいろある融雪ですが、選ぶ融雪方法によって相応しい業者が違います。 あなたの雪問題の解決が得意な業者を見つけることが大事です。

たとえば「地下水で融雪できるかどうか?」は、「融雪に必要な水量が確保できるかどうか?」がカギで、住所などをもとにその業者の実績・経験などと照らし合わせて検討されます。地下水の水量については、公表データが整っているわけではないので、その地域で経験豊富な業者に問合せることが大事です
秋田市では浅井戸でできる地域も多いので、まずその融雪したい場所が、地下水の利用でできるかどうかを聞いてみることから 始めてみてはいかがでしょうか。

もちろん地下水が使えない土地だとしても、選べる融雪はありますし、節約型の方法も選ばれています。

安心・納得の業者選び※匿名・無料で見積・提案を見て業者検討

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず名前・連絡先・住所を教えて、自宅に来てもらって提案を受けるというのが一般的です。 しかし希望の業者が見つかるまで、この作業を繰り返すのは大変です。

また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

融雪ガイド|山形県尾花沢市の雪に地面・屋根融雪/ロードヒーティング/消雪等々
山形県尾花沢市で融雪検討をお助け。尾花沢の雪の質や量、地域特性にあった融雪とは?雪・氷・ツララ対策に使える融雪を解説。そして業者選びで、業者の融雪提案を無料で見てから選べる仕組みも。屋根でも地面でも、電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水など熱源についても、山形県尾花沢市の融雪で失敗しない.....

予算を決める際に大切なこと
融雪工事で失敗しないために、良心的な業者にお願いすることが大事です。良心的な業者を見分けるポイントについて解説します。.....

離れた実家こそ融雪・そして業者の選び方|困難な雪下ろし・除雪|落雪・落氷の事故・破損
実家の両親も高齢化で、除雪や雪下ろしが大変。もしくは、ときどき留守にしがちで、留守中の雪の問題が心配。でも雪が多いからと言って簡単に帰る事ができない、実家の雪対策に、融雪が選ばれてる理由があります。さまざまな問題に答える、いろんなタイプの融雪を解説。業者選びのコツまで。.....

融雪が動かない
融雪が動かないという事態。多くの場合はブレーカーが切れたままという場合が多いようです。電気融雪の場合、融雪用の電力契約でブレーカーを分けて設置することが普通で、通常のブレーカーと設置場所が異なる場合も多いです。久しぶりに動かす際にブレーカーのことを忘れてないかチェックしたいです。

新潟県燕市~屋根融雪・地面融雪をガイド~ロードヒーティング・ルーフヒーティング・消雪・地下水・・・
新潟県燕市の雪の質・量、気温、地域特性にあった融雪選びをお手伝い。重労働な除排雪、また危険を伴うこともある雪下ろしを肩代わりさせるだけでなく、落雪・落氷の心配を減らし、雪庇・つららなどもスッキリできるかも。融雪の上手・下手で結果は違います。融雪選びの要となる、業者選びもお助け。無料・匿名でいくらで何.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営