融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

小規模だけど節約の融雪|年数回の利用で十分な方にも

お風呂の残り湯1回分なら電気代:数十円で融雪

残り湯を利用して格安の融雪

屋根でも地面でも、通常の融雪では、工事を伴い、数十万円以上の費用 がかかります。 そしてランニングコストでは、月当り数千円以上 の電気代や燃料費(灯油代、ガス代など)がかかることが普通です。

ところが、お風呂の残り湯を利用した、シンプルな仕組みで格安にできる融雪もあります。

「ポンプ」「ホース」「融雪機」のシンプルな組合せで、工事をしないで必要な時に、必要な場所に設置して使用することもできるため、10万円以下の費用でも融雪を始めることができます。 ランニングコストも、お風呂の残り湯1回分程度なら、数十円の電気代でOKです。

小規模な融雪に重宝な方法

残り湯による融雪のため、融かせる量には限界があります。 地下水や電気、ボイラーなどの融雪ほどの効果は期待できませんが、小規模で済む場合には重宝な融雪です。

カーポート、ソーラーパネル、自然落雪屋根などなど

カーポートの上に積った雪の雪下ろしを後まわしにしているうちに、カーポートが歪んだり、破損したりということもあります。 中には「カーポートって雪下ろしが要るの?」と気づいてない方もいますが、雪は予想以上に重いです。 もし1mくらい積もったとしたら、雪の重さは1平方メートル当り300kg~350kgになる場合もあります。 ある程度積ってしまうと、雪は下ろすだけでも大変ですし、やり方によっては危険を伴うこともあります。 適宜、カーポートの屋根の高いほうから、残り湯を流して雪を落とすという使い方も便利そうです。

ソーラーパネル上の雪がまとまって落ちることで、落雪被害を受けるという相談も時々あります。 ソーラーパネルに溜まった雪がまとまって落ちる前に、適宜残り湯で流し落とすという使い方も便利そうです。
※ただし、豪雪地帯や大雪の時には、湯量が不足する場合もありますので、注意が必要です。(なお、ある程度の不足なら、軽くお風呂を沸かして、追加でお湯を流すということもできるでしょう。)

自然落雪式の屋根で、1回の落雪の量が多すぎることが悩みの方も多いです。 少しづつ落ちてくれれば問題がなくても、まとまって落ちることで、大きな音や衝撃となり問題になることもあります。 そんなとき、時々残り湯で雪を流し落とすという使い方が役に立つかもしれません。
※ただし、豪雪地帯や大雪の時には、湯量が不足する場合もありますので、注意が必要です。(なお、ある程度の不足なら、軽くお風呂を沸かして、追加でお湯を流すということもできるでしょう。)

自分で設置できる場合・プロに施工を頼む場合

玄関前の邪魔な雪を融かしたり、カーポートなどの雪を流し落としたり程度であれば、自分で設置することもできますし、そうすることで施工費用を節約できます。

また一方で、屋根の上に固定したい場合など、プロの施工で安心して利用することもできます。

無料資料でもっと詳しく この方法を知る

お風呂の残り湯を利用した、節約・小規模融雪について、より詳しい内容が知りたい方は、以下の電話番号又はフォームにて、お問合せ又はお申込みくださいませ。 資料をお送りいたします。

申し込みフォーム

入力項目の移動は【tab】キーです。【Enter】では送信になります。
*(必須項目)は、必ずご記入をお願いします。それ以外は未記入でもかまいません。ご記入の上、送信ボタンをおしてください。

資料請求用のFAX送信状、をプリントできます。
FAXをご希望の方はこちらをクリック!
お気軽にご利用ください。⇒こちらから



ピックアップ

アパート駐車場の融雪工事の業者探し|見積・提案で業者を選ぶ
アパート駐車場の除雪について考えてみましょう。もっといい方法があるのに、見落としてるかも。例えば融雪。重機や人による除雪と違い、事故の心配も少なく、スイッチさえ入れれば期待通りに雪が消えます。また融雪設備は部屋のアピールポイントにも。部屋探しで、アパート駐車場の融雪(消雪)設備を重視する人も多いです.....

融雪ガイド【新潟市】新潟にあう地面・屋根融雪とは?ロードヒーティング、消雪他
新潟県新潟市にあう融雪を選ぶため知っておきたいこと。新潟市の雪の量や質、気温など気象条件、地域特性にあった融雪とは?融雪は様々。除排雪、落雪・落氷、雪庇・つらら等問題や悩みによってどれがいいの?また燃費がいいもの、施工性のいいもの、実績豊富なもの、新しいもの等々。業者選びも大事。提案を無料で見てから.....

当サイトご利用者からの声
当サイトをご利用いただいた方の声をご紹介します。.....

屋根からの落雪・落氷のトラブルの問題解決に融雪が選ばれる理由
困った屋根からの落雪や落氷への対策に融雪が選ばれるのには理由があります。落雪・落氷は、通行人や屋根の下にいた人への人身事故につながることもあります。また自宅のガラスや建物の破損に繋がったり、隣地に入り込んで、隣の建物や自動車、器物などを破損させたりすることも。また、落雪による被害やその恐れが原因で近.....

融雪ガイド【新潟県】~~融雪工事の見積お助け.com
新潟県の融雪を納得して選ぶためのお助けサイト。同じ新潟県でも場所によって違う雪の量や質、気温などの気候、地域特性をまず整理。熱源や設置場所・機能など様々ある融雪だから、どんな悩みや負担に対応できるのかも知る事が大事。そして上手な業者選びのポイントとして、どんな業者かを知るために無料・匿名で提案が見ら.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営