融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

失敗事例に学ぶランニングコストと融雪

ランニングコストが高くて失敗 & 抑えすぎて失敗

ロードヒーティング使ったのは1度きり

20~30台は駐車できる お店の駐車場、ロードヒーティングを施工してたはずなのに、融雪ではなく 重機で除雪してます。

理由は ランニングコストでした。 ランニングコストの安い散水融雪(消雪)には、かなり深い井戸工事を要すため、工事費(初期費用)が高いということで、ボイラーのロードヒーティングが 選ばれました。

ところが、その後の灯油の値上がりで、ランニングコストが 予想以上に高くなりました。そのため 重機と運転手を手配して 除雪する 安あがりな方法になりました。(その結果、雪捨て場として駐車場の一部が使えず、冬の間は駐車場が狭くなります。)

せっかく施工して眠らせておくより、いくらか初期費用は高くても、継続して使える方式を選ぶことが 大事です。

【参考】
期待通りに 雪を融かし、活躍し続けている 灯油ボイラーの ロードヒーティングも たくさんあります。

【参考】
ランニングコストが低いことで、青森県以南では 実績の多い「散水消雪」。しかし選ばれないときの理由には、「井戸が深い土地で工事費が高い」以外にも、「環境への影響(地盤沈下等)を防ぐため 条例等で散水消雪(又は井戸)が規制されている地区」の場合もあります。そのほか「水量不足や水枯れ」、あるいは「カナケが多く地面が褐色に染まることを避けたくて」という理由もあります。(北海道では 凍結の恐れから そもそも「散水消雪」は ないです。

ランニングコストを 抑えすぎて 期待通り融けず・・

経済的に融雪を行うには、工事費だけではなく、ランニングコストについても 考えることが 大事です。

しかし、逆にランニングコストを 抑え すぎて、融雪に要する出力(熱量)が不足して、「雪が多く降ると、しばしば 融かしきれない」という 失敗もあります。

ロードヒーティング

雪を しっかり融かすためには、ある程度の出力(熱量)は 必要ですし、ランニングコストへの理解と 心の準備も大事です。

そもそも経済性を考えれば、家族による 除雪・排雪・雪下ろしが 一番です。しかし それに 代わるものとしての 融雪(消雪)のはずです。
融雪のランニングコストは、除排雪の負担や 雪下ろし等の危険を 肩代わりするための コストです。もし誰かに 同等の除雪・排雪・雪下ろし等を 頼むよりは、気苦労や不安もなく、経済的な場合も多いです。

ランニングコストは、単に「安ければいい」ではなく、目指す融かし方(融雪の出力)と 一緒に考えることが大事です。

どうしても ランニングコストを削りたいときは、出力(熱量)を落とすのではなく、融雪する範囲を 狭くすることでも調整できます。

【参考】
「みぞれ」「にわか雪」から 「ドカ雪(大雪)」まで、降雪は 様々で、さらに 気温も融雪に影響します。融け残りの心配など 面倒なく使用したいなら、しっかりランニングコストをかけて行う融雪を 選ぶことです。一方で、融け具合を抑え、ランニングコストの節約を目指すなら、大雪などで融けるまでの時間が長い不便や、融け残った場合のフォロー等の いくらかの手間はありえることです。

安くて選んだ融雪機が 故障とメンテで・・・

除雪しても 雪を捨てる場所が ないというのは、市街地などでは よくある悩み。捨て場のない雪が、近所間のトラブルの原因になることも よくある話です。

この問題への対応の候補としては、「移動できる融雪機」や、「埋設型の融雪機」、「融雪槽」のほか、「ロードヒーティング」を利用する方法もあります。

工事を要する「埋設型の融雪機」、「融雪槽」、「ロードヒーティング」などに比べ、「移動できる融雪機」は安く、しかも、説明されてる 機能も魅力的で 選ばれてました。

ところが、実際使ってみると 期待通りとはいかず、故障やメンテナンスで、毎年のように費用がかかり、置き場所や 片付けなど 購入前には気づかなかったことも、負担に感じるようになったそうです。

寒い屋外という過酷な条件で使うものだけに、機能や価格だけではなく、実績や故障・メンテナンスについてもしっかり確認 することが大事です。

雪の無い屋根に 数年は 気分がよかったけど・・・

(完成時)『ルーフヒーティングを屋根全体に施工し、屋根の雪を全て融かす仕様でした。』
 
(完成後)『周りが 雪下ろしの 心配をしているときでも、雪に埋もれることのない屋根に、優越感や 喜びを 感じていました。』(この感覚は、味わった人にしか分からない感覚なのかもしれません。)
 
(経年後)しかし時とともに、融雪に対する 感動にも慣れてきて、『ランニングコストが 重く感じるようになった』そうです。

ルーフヒーティングは必ずしも全面に施工しなくても、雪下ろしの代替、落雪・落氷対策、雪庇・つらら対策などは可能です。
数年先だけじゃなく もっと長い目で 施工範囲を考えることも 大事なことです。

施工10年後 定年による収入減で・・・

融雪のタイプや 範囲の決定は、施主の方の性格が 大きく影響するそうです。

雪下ろしが なくなればいいだけではなく、全てスッキリ消さないと 気が済まない という人もいます。

働き盛りで 収入が多かったときには、それで問題なく 気持ちよく融雪が 使われていても、定年などで 引退したあと、収入が減り、ランニングコストが 負担となる場合もあります。

ランニングコストについては、かなり長い目で 検討することも大事です。
あるいは 定年など、収入が変化する節目のタイミングで、融雪設備の見直しを 行うという方法もあるでしょう。

ランニングコストの試算額 どれが本当?

たとえば・・
ランニングコスト、A社が47,000円/年、B社が62,000円/年でした。

そのとき・・
運転時間の想定は、A社が450時間/年、B社が600時間/年でした。

一見、「A社のランニングコストが安い」ように見えますが、実は運転時間の想定を そろえれば、「両社のランニングコストは あまり変わらない」ことに 気づきます。

ランニングコストの試算額を比較するとき、単に金額だけの比較では、本当に「安いのか?」「高いのか?」は分かりません。「降雪量」や「運転時間」等の想定も 一緒に確認が必要です。

ランニングコストの試算の 見落とせない諸条件の一覧

ランニングコストの試算を 確認するときに、「一緒にチェックすべき諸条件」について 以下にまとめます。

「降雪量・気温などの想定」
年によって降雪量・気温等には差があり、「雪が少ない年」と「雪が多い年」では、ランニングコストも大きく違います。平年値を想定するのが一般的なようです。計算方法は 業者によって様々で、降雪深との関係で求める計算や、融雪運転時間に置き換えた計算などがあります。

「運転時間」(ボイラー/電気/ヒートポンプ)
雪の多い豪雪地帯などでは、年間で500時間~1,000時間ほどを 想定することが多いです。 実際の運転時間は、降雪量・気温などに左右されます。 また、融雪システムの出力(熱量)の大きさにも影響され、出力が大きい(ボイラー等)と短く、出力が小さい(ヒートポンプ、交互運転の電気ヒーター等)と長く なる傾向もあります。

「運転時間」(井戸の散水消雪又は無散水融雪)
北海道を除く、青森県以南で主に行われる方式です。凍結防止のため、降雪の有無に関係なく 24時間運転することも多いです。(運転時間が長くても、他の融雪方式と違い、地下水のくみ上げ動力だけの電気料金のため、1ヶ月・数千円~1万円前後で間に合う場合も多いです。)

「単価」(灯油)
灯油の販売価格です。電気やガスに比べると、変動しやすいです。基本料金がなく、使った分の支払いです。(近年は概ね60~100円/L)

「単価」(電気)
電気料金は、基本料金+従量料金の合計です。さまざまな契約プランがあり、それぞれ単価が違います。(従量料金は概ね10~40円/kWh程度)(融雪以外の日常の電気も含めて検討し、適切な契約プランを選ぶことになります。)

融雪工事を失敗しないために(まとめ)

融雪工事を選ぶとき、ランニングコストは 忘れてはいけない大事なポイントです。

せっかく工事した融雪でも、ランニングコストを理由に 眠ったままでは もったいないです。そうならないためには、融雪を計画する時に、ランニングコストを考えて、融雪の方式や 施工範囲を選ぶ ことが大事です。

また ランニングコストに対する理解と 心の準備も大事です。ランニングコストは融雪(消雪)には 欠かせないものです。
もし 家族による 除排雪・雪下ろし等で 足りるとすれば、これが一番 経済的です。しかし、それが できないからこそ の融雪(消雪)です。除排雪の負担や、雪下ろし等の危険を 肩代わりするためのコストです。もし誰かに 同等の除排雪・雪下ろし等を 頼むよりは、気苦労や不安もなく、経済的な場合も多いです。

やみくもに ランニングコストを 下げることに注力し過ぎて、融雪の出力(熱量)を抑えすぎ、融かしたい雪まで しばしば融け残るような 融雪では 困ります。 ランニングコストの抑え方を 間違えないようにしたいです。

***** *****

例えば 屋根融雪を考えたとき、もし雪下ろしを不要にするだけなら、必ずしも屋根の雪を 全て 融かす必要はないです。

もちろん、屋根の雪を全て融かしたら、見栄えもスッキリしますし、最も安心できることには 間違いないです。しかし ランニングコストや 工事費が 多くかかります。

「融かす雪の量」が、まさにランニングコストです。そのため「建物の構造上問題にならない程度の雪なら、あえて融かさない」という 考え方も大事です。

整理すると「屋根の雪下ろしをなくしたい」融雪には、次の 2つの道が あります。
 (1)軒先など範囲を絞った融雪
 (2)気持ちよくスッキリ全てを融雪

もし屋根融雪の範囲を 絞ることができれば、残った予算を 地面融雪(ロードヒーティングなど)に回して、除雪作業の負担軽減も図る ことも 考えられます。一口に融雪といっても、何を重視するかによって、同じ予算でも 得られる結果は 違ってきます。

地面融雪を考えたときも、「敷地全てをスッキリ融かす」だけではなく、たとえば「通路だけ」「駐車スペースだけ」など必要部分だけ融雪する方法もあります。

地面融雪の範囲を絞ることで もし予算が残ったら、融雪機や融雪槽に回して、除雪車が置いていく固い雪や、屋根下の締め固まった雪を 処分することを考えるのもアリですね。

融雪の業者探し・業者選びを 無料の匿名見積でお助け!

融雪を考えるときは、あなたの悩みをしっかり理解し、工事費やランニングコストも踏まえて、最適な融雪を提案できる業者に出会う事が、満足の融雪を手に入れる重要なポイントです。

ところが 融雪業者選びは、決して簡単ではないです。業者によって それぞれ得意なタイプの融雪(地面、屋根、電気、ガス、灯油、・・・)に特化している場合も多く、業者選びで、融雪のタイプが限定される ことも多いからです。
もし地面融雪が得意な業者に、屋根融雪に関わる悩み(例えば、雪下ろし・雪庇等の悩み)を相談しても、最適なコタエは期待できません。その場合は、屋根融雪が得意な業者に相談すべきです。

では、いったいどの会社に相談すればいいのか?

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

新潟県妙高市【失敗しない融雪ガイド】~ロードヒーティング/屋根融雪/雨樋・ルーフヒーティング/消雪・井戸・・・
新潟県妙高市で失敗しない融雪選びのために。妙高市の雪の状態、気温・地域特性にあった融雪であるだけでなく、経済性や解決したい問題なども十分考える事が大事。除排雪の労力や時間、雪下ろしの危険性、落雪・落氷の恐れ、雪庇・つららなど。そして種類の多い融雪だけに、融雪業者によって解決できる問題や得意な融雪は違.....

屋根の経年
屋根融雪には、施工後に屋根の葺き替えした場合、再利用できるものと、再利用しにくいものがあります。ですので、近く葺き替えを要すほど経年した屋根だとすれば、融雪の施工と一緒に葺き替えもするか、あるいは、再利用しやすい屋根融雪の製品を選ぶかというかたちになります。

北秋田市の雪対策に融雪ガイド【地面・屋根融雪】井戸/ロードヒーティング/融雪機・融雪槽
秋田県北秋田市での融雪検討。まずは地域の雪質・量・特性を整理。比較的浅い井戸で地下水が利用できる地域もあり、その利用価値は高いです。雪・氷・ツララに対応するためどんな融雪があるのか?そしてどうやって業者を見つけるか?を解説。屋根でも地面でもまずは融雪を知ることから。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒート.....

節約したいロードヒーティング|今のボイラーを利用できる融雪槽
灯油価格が高くなるとロードヒーティングにかかるランニングコストが負担です。でも雪を放置するわけにいかない。そこで既存のボイラーを活用できる融雪槽が便利です。ボイラーを切り替えて利用すれば、既存のロードヒーティングも予算に合わせて活用できます。.....

除雪機で解決できない除雪の悩みに応える融雪
日々の除雪作業を楽にしたいという発想から、除雪機を解決策として思いつく人は多いですが、意外に除雪機では解決できない雪の悩みは多いです。その中には、実は融雪なら、解決できる悩みが多く含まれてます。除雪機による除雪の限界や課題と、融雪による代替案について解説します。.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営