融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

病院・医院・診療所の駐車場の融雪

見積・提案の内容で業者選び

重機や人の除雪か?事故の心配もないスイッチ一つの融雪(消雪)か?

病院や医院の駐車場は、融雪(消雪)されているところも多いです。
そのためでしょう。融雪なしで、駐車場が雪に覆われている場合、逆に違和感や不便さを感じる患者さんも少なくないです。
また積雪で駐車場のラインが見えないと、駐車位置が乱れ、駐車できる台数が減ってしまうこともあります。

いつ降るのか分からない雪に、除雪だけで対応するには限界があります。大雪の時には除雪業者への依頼が集中する傾向もあり、なかなか思い通りに除雪が進まないことも。

一方で 融雪(消雪)を使えば、重機や人による事故の心配もなく、スイッチ一つで雪の問題が解決できます。

融雪(消雪)をするには、工事費やランニングコストがかかります。 しかしその費用は、患者さんが感じる不便を軽減したり、あるいは見栄えによるイメージダウンを防いだり、雪対策を楽にしたりと、様々な効果が期待できる大事な投資です。

融雪(消雪)は業者選びが重要

融雪(消雪)を考えるときは、あなたの要望をしっかり理解し、最適な融雪を提案できる業者を選ぶ事が、満足の融雪を実現する最も重要なポイントです。

ところが融雪業者選びは、意外に簡単ではないです。
融雪業者は、どこも同じではありません。業者によって得意なタイプが異なります。

例えば、電気融雪が得意な会社、灯油・ガスなどボイラーを使った融雪が得意な会社、地下水(井戸)を使った融雪(消雪)が得意な会社など・・・。
もし、融雪会社に問合せをすれば、その会社が得意なタイプの融雪を提案します。複数のタイプの融雪を比較検討したい場合には、必要に応じて複数の会社に問合せを要します。

提案された融雪で目的達成はできるか?工事費やランニングコストは?など、納得できる提案の業者を選びましょう。

また融雪は長く利用するものです。いうまでもなく、信頼して長くつきあえる業者であることが前提です。
でも、業者が信頼できるかどうかは、広告やタウンページだけでは分かりません。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、現場に来てもらって、というのが一般的です。

何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。業者探しや、業者毎に問合せる手間が省けます。
匿名 のまま、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業の心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
アパートの雪対策を考え直す際の助けになれば幸いです。



ピックアップ

夜間・深夜電力だけで融雪が難しい理由/深夜電力だけで可能な融雪
もし価格の安い夜間の深夜電力だけで融雪ができれば嬉しいですが、多くの場合は難しいです。融雪は積らせないで降ったらすぐ融かすのが基本。いったん積ると、融かし難くなりロードヒーティングやルーフヒーティングで融かせなくなることもあります。夜間だけの運転では難しいです。ところが夜間電力だけでも可能な方法も実.....

新潟県小千谷市~屋根融雪・地面融雪をガイド~ロードヒーティング・ルーフヒーティング・消雪・地下水・・・
新潟県小千谷市は豪雪地帯。そんな小千谷市の雪の質・量、気温、地域特性にあった融雪選びをお手伝い。重労働な除排雪、また危険を伴うこともある雪下ろしを肩代わりさせるだけでなく、落雪・落氷の心配を減らし、雪庇・つららなどもスッキリできるかも。融雪の上手・下手で結果は違います。融雪選びの要となる、業者選びも.....

地下水の制限
消雪パイプなど地下水の散水による消雪は、凍結が心配される北海道を除くと、積雪地ではおなじみです。しかし、地下水の汲み上げすぎで、地下水が減ったり、またそれによる地盤沈下の原因になっているところも多く、地下水の使用制限に動いている自治体も少なくないです。

屋根融雪を計画する上で大切なこと
個人の方が行う屋根融雪で失敗や後悔しないために、計画のときに見落としてはいけない大事なポイント。.....

【秋田県大仙市】雪対策と融雪ガイド※地面/屋根融雪・井戸・ロードヒーティング
秋田県大仙市の融雪をガイド。地域的な雪質・量・特性を整理し、雪・氷・ツララ対策で何ができるかの解説と、どんな融雪が適切か?そして業者選びまでをガイド。屋根も地面も融雪でできることを知ることから。どこまでやるかも重要です。熱源選びは工事費だけでなく、メンテやランニングコストも考慮して選びたいです。電気.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営