融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

瓦屋根にむいてる融雪と、できない融雪

瓦屋根:失敗しない融雪のために
瓦屋根・雪

瓦屋根と雪の問題

瓦屋根の場合でも、雪が積れば、雪下ろしが必要です。 雪下ろしが必要な目安は、建物の構造や築年数によっても違いますが、数十センチで必要な場合もあります。襖などが渋くなってきたら、それは雪下ろしのサインの一つです。

雪下ろし作業は、屋根の上という高所。 さらに慣れない足場と姿勢で、たくさんの雪を移動しないといけないため、思いのほか疲れます。

疲れてくると作業が雑になっていきます。 そんなときこそ事故に注意が必要です。 事故にならないまでも、力を込めすぎて、瓦を傷つけたり割ったりということも。

重労働の瓦屋根の雪下ろし、実は 融雪で肩代わりできます。

融雪は屋根の上で雪を融かします。 そのためには、ヒーターなどの融雪のための設備を屋根に設置する工事を要します。

瓦屋根に 向く融雪と 向かない融雪

瓦屋根の場合、瓦自体に厚みがあります。 そのため、トタンならその下に設置して使える屋根融雪のヒーターでも、瓦の場合には向かない場合もあります。

ですので融雪は、瓦屋根でも使えるタイプから選ぶ必要があります。

瓦の種類によっても変わる場合も

瓦と一口にっても、その種類は様々で、融雪の工法選択でも重要になる場合が多いです。

材質でみると、粘土瓦のほか、化粧スレート、セメント瓦、金属瓦などなど。 形状でみると、 和形瓦、本葺形瓦、F形瓦(平板瓦)、S形瓦、波形瓦、平形瓦など。 それぞれ、特徴が違います。

例えば、雪止めがついているタイプの瓦屋根の場合、雪止めを利用して、瓦の上に設置できるタイプの融雪が利用できる場合もあります。

屋根にあった融雪を選ぶ ことが、経済的で効果的な融雪にするために欠かせません。

融雪業者に相談するときの注意点とコツ

融雪には様々なタイプ(地面・屋根、地下水・電気・ボイラー等)があり、業者もいろいろです。 そのため、希望する融雪に適切な業者を見つけるのに苦労することも少なくないです。

タウンページや広告、ホームページだけでは、業者の詳しいことまでは、なかなか分かりません。 よく分からないまま、業者に相談して、目的とは違う商品を延々と営業される可能性もあります。

では、いったい どこ に相談すれば いいのでしょうか?

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず名前・連絡先・住所を教えて、自宅に来てもらって提案を受けるというのが一般的です。 しかし希望の業者が見つかるまで、この作業を繰り返すのは大変です。

また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

お隣への落雪・落氷を防ぐ方法&見落しがちな落とし穴
落雪や落氷、片づけた雪がお隣に入ることが原因でトラブルになることも多いです。もとは空き地だった隣地に家が建ったりで、予想外に問題が発生することも。フェンスなどの設置もやり方を間違うと、自宅を傷める原因になることも。お隣に迷惑をかけない安全な方法とは。.....

アパート駐車場の融雪工事の業者探し|見積・提案で業者を選ぶ
アパート駐車場の除雪について考えてみましょう。もっといい方法があるのに、見落としてるかも。例えば融雪。重機や人による除雪と違い、事故の心配も少なく、スイッチさえ入れれば期待通りに雪が消えます。また融雪設備は部屋のアピールポイントにも。部屋探しで、アパート駐車場の融雪(消雪)設備を重視する人も多いです.....

新潟県長岡市の雪に【融雪ガイド】地面・屋根融雪~ロードヒーティング・消雪・融雪ネット・融雪マットほか
新潟県長岡市の融雪検討をサポート。長岡の気温や雪の質・量、地域特性にあった融雪選びに大事なことは?落雪・落氷、雪庇・つらら、重労働な除排雪、危険を伴う雪下ろし対策に融雪でどう対応できるのか。肝心な業者選びも、まずは無料・匿名で提案を見てから選べる仕組みがあります。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポ.....

長野県の融雪ガイド~~融雪工事の見積お助け.com
長野県での融雪をお助けするサイト。長野県でも場所によって違う雪の量や質、気温などの気候、地域特性をまず整理。地下水、ボイラー、電気などの熱源や設置場所・機能などでいろいろ多様な融雪だから、どんな悩みや負担の解消に、どの方法がいいのかを知る事がまず大事。また業者選びもカギになります。無料・匿名で提案を.....

雪止めの老朽化に注意
雪止めは設置されていても老朽化などで破損していると、十分雪を止めることができずに、落氷雪の事故につながることもあります。ですので点検は欠かせません。そしてもし点検で破損が確認されたときには、早急に修繕することが大事です。

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営