融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

折板屋根にむいた融雪と、むかない融雪

折板屋根の融雪で失敗しないために

金属折板屋根は、大型商業施設や工場など、広く用いられています。 軒先に巨大なつららや氷堤ができやすいという特徴の屋根です。

折板屋根の雪の問題と融雪

折板屋根の場合、つららが大きくなりやすい傾向があります。 大きくなったつららは、落ちることで事故や、器物・建物の損壊につながることもあります。 もし落ちなくても、大きなつららがあるだけで、隣人や通行人の不安や不快感を招くこともあります。

そこで折板屋根では、このつららができやすい、軒先部分に融雪を設置するケースが多いです。

そのほかの問題として「すがもれ」もあります。 軒先のつららのために屋根上の排水が悪くなり、雪が融けても排水できずに溜まった水が、天井から屋内に漏るというケースもあります。 軒先のつららを無くすことで、排水性を確保することが大事です。

折板屋根にむいた融雪のタイプとは

折板屋根では、長尺材を用いたその構造的な理由から、屋根の上にヒーターを設置するタイプの融雪がむいています。

屋根の融雪には、ヒーターを屋根のトタンの下に設置するタイプも多いですが、既設の折板屋根に施工する場合、このタイプだと施工が困難です。

屋根の上にヒーターが見える融雪は珍しいものではないですが、もしヒーターの露出が気になる場合には、屋根材と似た素材で覆い隠せるタイプもあります。 この場合、見た目にはヒーターが目立ちません。

電気融雪のほかには、地下水(井戸)を使った融雪もあります。 軒先に地下水散水の配管を行い、融雪するという方法です。

(コラム)地下水と水道水の違い
「散水消雪は、わざわざ井戸を掘らなくでも、水道水でできないの?」という人も中にはいます。残念ながら、10~15度程度ある地下水に比べ、水道水は温度が低すぎて消雪には向きません。しかも無料の地下水と異なり、水道水は料金がかかります。

折板屋根にむかない融雪のタイプとは

屋根の下にヒーターを設置するタイプの融雪は、折板屋根の構造上、施工が困難です。

屋根融雪を得意とする業者の中には、屋根の下に設置するタイプだけで、屋根の上に設置するタイプを扱っていない業者もあります。

ちなみに屋根の下にヒーターを設置するタイプの融雪は、新築の場合や、屋根の葺き替えを行う場合、あるいは、横葺きの屋根の場合などで、施工性の問題はなくなります。

融雪業者に相談するときのコツと注意点

融雪には様々なタイプ(地面・屋根、地下水・電気・ボイラー等)があり、業者もいろいろです。 そのため、希望する融雪に適切な業者を見つけるのに苦労することも少なくないです。

タウンページや広告、ホームページだけでは、業者の詳しいことまでは、なかなか分かりません。 よく分からないまま、業者に相談して、目的とは違う商品を延々と営業される可能性もあります。

では、いったい どこ に相談すれば いいのでしょうか?

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず名前・連絡先・住所を教えて、自宅に来てもらって提案を受けるというのが一般的です。 しかし希望の業者が見つかるまで、この作業を繰り返すのは大変です。

また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

青森県弘前市の融雪ガイド|見積・提案で業者選び|地面/屋根融雪・ロードヒーティング・井戸
青森県弘前市の融雪検討をガイド。まずは雪質・量・地域特性の把握、そして雪・氷・ツララ対策のために融雪で何ができるかを知ることが大事。融雪には屋根や地面の種類のほか、熱源も様々。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水などの特徴をチェック。青森県弘前市の融雪を、匿名・無料でもらう見積・提案で業.....

つらら・雪庇の危険・問題の解決に融雪が選ばれる理由
軒先のつららや雪庇は、落下による通行人に対する人身事故、建物・自動車・窓・物置・器物などへの被害の原因になります。そしてこれらの被害やその心配に対する近隣からの苦情、そしてトラブル、さらに軒先など屋根の破損の原因にもなります。これらの問題解決に融雪は効果的です。.....

安い散水融雪(消雪)より無散水タイプが選ばれる理由
地下水を利用した散水融雪(消雪)は昔から利用されている融雪方法です。地下水さえ確保できれば、手軽で実績も多く、お馴染みの方式です。ところが、無散水タイプと比べると、目につく弱点にも気がつきます。散水か無散水かの選択で失敗しないために特徴を比較しました。.....

高齢化の影響
ご存知の通り、高齢化は地方ほど進んだ問題です。除排雪業者、ボランティアでも例外ではないです。もともと、大雪の時には依頼が集中して不足しがちの状況ですが、今後高齢化が進むとその担い手自体が少なくなっていきます。人力による除排雪を補う工夫や知恵が大事です。

新潟県魚沼市~屋根融雪・地面融雪をガイド~ロードヒーティング・ルーフヒーティング・消雪・地下水・・・
新潟県魚沼市は豪雪地帯。そんな魚沼市の雪の質・量、気温、地域特性にあった融雪選びをお手伝い。重労働な除排雪、また危険を伴うこともある雪下ろしを肩代わりさせるだけでなく、落雪・落氷の心配を減らし、雪庇・つららなどもスッキリできるかも。融雪の上手・下手で結果は違います。融雪選びの要となる、業者選びもお助.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営