融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

自宅を雪から守るため見落せないこと

雪下し時の氷や雪の塊/落氷/落雪が外壁を・・・

壁の傷みは見落としがち

落雪・落氷の危険から、屋根の下には人が行かないようにしたり、物を置かないようにするのは常識です。 でも、それだけでは十分ではないです。

落雪や落氷によって、家や建物の外壁がダメージを受けていることは見逃しがちです。

外壁の場合、ダメージを受けても、窓ガラスのようにすぐ直さないと困ることは少ないためでしょう。 しかし、一旦修理が必要になれば、窓以上に大掛かりな工事を要することもあります。

意外に重い、軒への負担

軒にかかる重量は思っている以上に大きいです。 つららや、それと一体となった氷の塊。 雪庇も締め固まった雪のため、固く重く凝縮していることも多いです。

固まった雪の塊や、氷の塊は、動かすだけでも重くて 苦労することもあるほどです。 それだけ軒に負担がかかるのですから、大雪の際に軒が折れる被害がよくあることもうなづけます。

屋根の上でも氷の影響/すが漏りなども

屋根の上に積った雪が、室内からの温度や、日差しの影響で一度融けて、再び凍ることがよくあります。 その繰り返しで、屋根の上には氷の塊、軒先にはツララができていきます。

屋根上の氷は、屋根にがっちりくっついて、無理に落とそうとすると、屋根を傷める こともあります。

あるいは、外からの力で落とそうとしなくても、その氷と一体となっているツララが大きくなるほど重量が大きくなり、下に落ちようと引っ張る力が強くなっていきます。 屋根上の氷が屋根材に留まろうとする力と、つららの重さの綱引き状態で、屋根への負担が増すこともあります。

そのほか、屋根の上の雪や氷は、その重さなどで屋根材に歪みや隙間ができ、そこから雪融けの水が屋内へと入ってくる「すが漏り」の原因になることもあります。

雪下ろしこそ要注意

雪下ろしのときこそ、注意が必要です。 自然に落下するときより、まとまった量の雪・氷を一度に下ろす、雪下ろしのときのほうが、むしろ壁を傷める危険性は高いかもしれません。

固くて重いのは、つらら・氷だけではないです。 雪のほうも締まっていて、固く重くなり落とすとドスンと音が響くこともあります。

慣れているはずの業者であっても、雪下ろしで何かが壊れるということが起こります。

方法としては、板(コンパネ)などで覆って、壁や窓を衝撃から保護することもできます。 ただし、雪や氷の量が多い場合、衝撃は防げても、たまった雪と氷の圧力で歪んだりすることもあるため、下ろした雪の排雪とバランスよく作業することも大事です。

雪下ろしを業者に依頼するときには、事前に相談することが大事です。 ただし、保護のため作業量や資材が追加となり、費用が高くなる場合もあるでしょう。

雪や氷・ツララから手間をかけずに家を守る方法

氷やつらら、雪庇等はいつの間にか大きくなっていることがあります。 いつもチェックして、大きくなりすぎる前に落とすことが大事です。 なぜなら、つらら・雪・氷の塊が大きくなるほど、落とした時に壁を傷める可能性も高まりますし、そもそも落とす作業自体の危険性も増します。 屋根の下に雪や氷をためすぎないことも大事です。

屋根の上の氷や雪を、安全に取り除くことは、このように大変な作業です。 でも実は、もとは雪や氷だから、融かして防ぐという方法が効果的です。

例えば、軒先部分を融雪することで、つららや雪庇を防ぎ、落雪・落氷も防ぐことができます。 融雪の運転にはセンサーによる自動運転も利用できるため、ON・OFFの手間も省く事ができます。

もし、つららや雪庇を防ぐだけなら、軒付近だけの施工で済み、工事費も抑えられます。 道路に面してる屋根の軒だけ対策するなど、範囲を厳選すれば工事費を抑えることができます。 そしてそれは電気代や灯油代などのランニングコストを抑えることにもなります。

融雪で屋根の軒を覆う つららや雪庇がなければ、家の見栄えは思った以上にスッキリします。

屋根雪の融雪

匿名・無料の見積で融雪方法と業者を検討

ところで、つらら・雪庇など屋根の雪対策として期待の高い融雪ですが、「いったいどの会社に相談すればいいのか?」と悩まれる方も多いです。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

また、何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

この「融雪工事の見積/提案のお助け.com」なら、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で つららや雪庇、そして融雪について、じっくりと考えてみて下さい。
あなたやあなたのご家族が、つららや雪庇による危険やストレスから開放されることを願っております。



ピックアップ

初めてでも失敗しない井戸(地下水)消雪の計画:9つのポイント
地下水(井戸)を利用した融雪(消雪)は実績も多く、熱源が自然エネルギー(地熱)に由来するためランニングコストも安く魅力的な方法です。一方で、利用できる地域や条件があり、利用できる場合でも分かりにくい部分も少なくないです。初めての人にも分かりやすく、井戸消雪の計画や施工・運用面でのポイントをまとめまし.....

新潟県魚沼市~屋根融雪・地面融雪をガイド~ロードヒーティング・ルーフヒーティング・消雪・地下水・・・
新潟県魚沼市は豪雪地帯。そんな魚沼市の雪の質・量、気温、地域特性にあった融雪選びをお手伝い。重労働な除排雪、また危険を伴うこともある雪下ろしを肩代わりさせるだけでなく、落雪・落氷の心配を減らし、雪庇・つららなどもスッキリできるかも。融雪の上手・下手で結果は違います。融雪選びの要となる、業者選びもお助.....

高齢化の影響
ご存知の通り、高齢化は地方ほど進んだ問題です。除排雪業者、ボランティアでも例外ではないです。もともと、大雪の時には依頼が集中して不足しがちの状況ですが、今後高齢化が進むとその担い手自体が少なくなっていきます。人力による除排雪を補う工夫や知恵が大事です。

見落しやすい壁や軒、設備等へのダメージ|雪庇・つらら・落雪・落氷
落雪や落氷により、壁や軒、設備が受けるダメージが見落されやすいです。窓の場合には気づきやすく、費用はかかりますが修理はしやすいです。一方、壁へのダメージは気づかないうちに傷みが蓄積しやすいです。いざ直す場合も大掛かりになることも。.....

青森県弘前市の融雪ガイド|見積・提案で業者選び|地面/屋根融雪・ロードヒーティング・井戸
青森県弘前市の融雪検討をガイド。まずは雪質・量・地域特性の把握、そして雪・氷・ツララ対策のために融雪で何ができるかを知ることが大事。融雪には屋根や地面の種類のほか、熱源も様々。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水などの特徴をチェック。青森県弘前市の融雪を、匿名・無料でもらう見積・提案で業.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営