融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

近所迷惑な 落雪・落氷・雪庇・ツララを 上手に防ぐ

雪止め / 融雪 / フェンス が解決? メリットと落とし穴
雪止め・屋根融雪・フェンス

「前は 空地だったのに・・」 変わる お隣事情

以前は 空き地や 農地だった 隣地に 家が建ったり、駐車場ができたり・・で、屋根からの 落雪が 急に 問題になることは、実は意外によくあります。

ほかにも 「例年にない大雪が原因で・・」、あるいは「屋根のペンキを 塗り替えたら 滑りが よくなり過ぎて・・」、お隣まで 落雪が いってしまい、問題になるケースも よく聞きます。

どんな対策が あるの?

お隣との 雪の問題は、すでに多くの方が悩み、そして対策をしてきた問題です。それだけに、実際に行われた方法(成功も失敗もあります)から 学ぶことができます。それぞれの方法の特徴を踏まえて、自分の場合に照らし合わせて 適切な方法を選びましょう。

雪止め(アスト)をしていない屋根ならば、雪止めをする ことが、問題になる場所への落雪を防ぐ方法の ひとつです。
ただし 雪止めをしても、軒の先端部分の雪・雪庇・つらら 等の 落下までは 防げないでしょう。また、雪止めを することで、雪下ろしが 必要になる場合もあり、新たな課題が 生まれることもあります。

フェンスで 落下・滑動した雪・氷を敷地内に留める という方法もあります。この方法は、敷地に余裕がある場合に適しています。

雪止め(アスト)と 屋根融雪を 組合せる方法も効果的です。融雪が 雪庇・ツララも防止できるので、見た目もスッキリする解決法です。フェンスが設置できない 密集した地区などでも対応できます。

屋根融雪・フェンス

フェンスが使える場合と注意点

雪止めがない 自然落下方式の屋根はもちろん、雪止めがある屋根でも軒先からの 落雪・落氷が お隣に迷惑がかかる場合があります。
もし 屋根下の敷地に いくらかでも余裕がある場合 には フェンスを設置して雪や氷を抑える対策が 有効なこともあります。その「いくらかの余裕」は、雪が多いほど たくさん必要です。

お隣との間に 設置したフェンスが、屋根から落下・滑動してくる 雪・氷をブロックします。

しかし 雪・氷の動きは止めても、雪・氷の存在が無くなるわけではないので、フェンスの位置や 雪の量によっては、思いもよらぬ弊害が 発生することもあります。例えば、フェンスには次のようなデメリットも考えられます。

  • フェンスが 窓からの視界・光を遮り、窓からの眺めが悪くなったり、家の中が暗くなったり、あるいは 圧迫感を感じる人もいます
  • フェンスで 雪・氷の塊が撥ね返り、ぶつかった壁・窓などに ダメージを与える
  • 雪庇が フェンスにくっついて 軒に雪が溜まり、軒の負担が増える(軒折れの原因になることも)

フェンスの設置には、雪・氷の 量や動き を考慮して、高さや 位置を 十分検討する必要があります。そして 適切に設置しても、もし 敷地に十分な余裕がない場合には、上記のような フェンスによる副作用が 新たな問題になってしまうこともあります。

フェンスだけに任せるのではなく、必要に応じて 雪・氷の除去する等の 補助も大事です。でも この雪・氷の除去作業、実は 屋根上や 屋根下の危険な作業になったり、重い雪・氷の運搬という 重労働になったりすることもあります。

いっそ 屋根上で 融かしてしまう ほうが、簡単かもしれませんね。

融雪が利用される理由

たとえば 「雪止め」の設置で、大きな落雪を防いで、「軒先部分の融雪」で、雪止めから下の 積雪・雪庇・つららを防ぎます。


フェンスのように 敷地を必要とせず 建物が密集した土地でも大丈夫です。また 軒先部分が雪に埋もれないため、見た目もスッキリ です。落雪・落氷を防ぎ、壁や窓へのダメージも最小限です。

融雪の運転は センサーによる 自動運転も利用できるため、操作などを 全く意識することなく 利用できます。就寝中も、外出中も、自動運転なら 心配いりません

雪止めで 屋根に雪を 留めるということは、豪雪地帯などでは、建物や屋根への 負担も気になりますし、雪下ろしが 必要になります。しかし、融雪の範囲を 広げることで 雪下ろしを不要に、あるいは 頻度を減らすことも可能 です。

屋根雪の融雪

希望の業者探し & 納得の融雪検討を 匿名・無料の見積で お助け!

ところで屋根の雪対策として期待の高い融雪ですが、「いったいどの会社に相談すればいいのか?」と悩まれる方も多いです。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

また、何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

この「融雪工事の見積/提案のお助け.com」なら、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で つららや雪庇、そして融雪について、じっくりと考えてみて下さい。
あなたやあなたのご家族が、つららや雪庇による危険やストレスから開放されることを願っております。



ピックアップ

融雪の自動運転と手動運転|利用者にしか分からない本音
融雪にはランニングコストがかかります。そのため便利とはいえ自動運転にしていると、ムダに思えるようなタイミングの運転が気になります。そのため自動と手動を組合せて利用している人は多いです。手動運転に適したタイプとか、手動運転の失敗とか、自動運転のロスとかの話。.....

節約したいロードヒーティング|今のボイラーを利用できる融雪槽
灯油価格が高くなるとロードヒーティングにかかるランニングコストが負担です。でも雪を放置するわけにいかない。そこで既存のボイラーを活用できる融雪槽が便利です。ボイラーを切り替えて利用すれば、既存のロードヒーティングも予算に合わせて活用できます。.....

新潟県妙高市【失敗しない融雪ガイド】~ロードヒーティング/屋根融雪/雨樋・ルーフヒーティング/消雪・井戸・・・
新潟県妙高市で失敗しない融雪選びのために。妙高市の雪の状態、気温・地域特性にあった融雪であるだけでなく、経済性や解決したい問題なども十分考える事が大事。除排雪の労力や時間、雪下ろしの危険性、落雪・落氷の恐れ、雪庇・つららなど。そして種類の多い融雪だけに、融雪業者によって解決できる問題や得意な融雪は違.....

【秋田県能代市】雪対策と融雪ガイド(地面・屋根)ロードヒーティング/井戸/融雪機・融雪槽
秋田県能代市の沿岸に近い地域では秋田県の中では雪が少ないほうです。一方で二ツ井など内陸にいくほど雪の量も多くなっていきます。融雪の検討のため、まず地域の雪質・量・特性を整理。そして悩みの雪・氷・ツララにどんな融雪があるのか?相応しい業者選びとは?について解説。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ.....

融雪はスタートが肝心
融雪はスタートが肝心です。雪が積る前にスタートすることが大事です。雪は積ってしまうと融かすのが、一気に難しくなります。そのため、センサーなどによる自動運転がポイントになります。節約するつもりで、運転を控えてスタートが遅れ、融かしきれずに失敗するという話をときどき耳にします。

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営