融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

散水と無散水の比較

経済性で散水、見た目も重視なら無散水

ランニングコストに優れた地下水融雪(消雪)

地下水を利用した融雪(消雪)のうち散水タイプのものは、昔から道路や店舗、個人など広く利用されており、お馴染みです。

その特徴は、ランニングコストの安さです。 融雪(消雪)の熱源が地下水由来のため、無料の地下水を汲み上げるためのポンプの電気代だけで運用できます。

地下水の確保のため、ロードヒーティングなどより初期費用が高くなる場合も多いですが、長い目で見れば十分経済性に優れた方法です。

経済的にも優れ、また慣れ親しまれた散水方式ではありますが、無散水タイプと比較すると、課題も見えてきます。

散水の落とし穴

散水タイプは水で雪を融かすため、水溜り ができます。歩くときには、散水による 跳ね水 とともに注意したいところです。無散水タイプに比べると見た目は劣ります。

ある程度積もった後でも、融雪は可能ですが、融け方にムラができる場合もあります。

また厳寒の中、散水を途中で止めると、散水した水が凍ってツルツルになり、通行に危険な状態になる場合もあります。散水を止める際には注意も必要です。

それから、地下水の水質がよくない地域では、散水によって地面にシミが残る 場合もあります。 そのシミは、通年に渡って見た目に影響することもあります。シミは路面が乾いたときほど、目立ちやすいです。

店舗などイメージを大切にしたい場合には注意が必要でしょう。

散水による融雪(消雪)だけが方法ではないですので、他のタイプについても検討してみると、新しい気づきが得られたり、より適切な融雪が見つかるかもしれません。

融雪(消雪)は業者選びが重要

融雪(消雪)を考えるときは、あなたの要望をしっかり理解し、最適な融雪を提案できる業者を選ぶ事が、満足の融雪を実現する最も重要なポイントです。

ところが融雪業者選びは、意外に簡単ではないです。
融雪業者は、どこも同じではありません。業者によって得意なタイプが異なります。

例えば、地下水(井戸)を使った融雪(消雪)が得意な会社、電気融雪が得意な会社、灯油・ガスなどボイラーを使った融雪が得意な会社など・・・。
もし、融雪会社に問合せをすれば、その会社が得意なタイプの融雪を提案します。複数のタイプの融雪を比較検討したい場合には、必要に応じて複数の会社に問合せを要します。

提案された融雪で目的達成はできるか?工事費やランニングコストは?など、納得できる提案の業者を選びましょう。

また融雪は長く利用するものです。いうまでもなく、信頼して長くつきあえる業者であることが前提です。
でも、業者が信頼できるかどうかは、広告やタウンページだけでは分かりません。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、現場に来てもらって、というのが一般的です。

何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。業者探しや、業者毎に問合せる手間が省けます。
匿名 のまま、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業の心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
あなたにとって最適な融雪に出会う助けになれば幸いです。



ピックアップ

新潟県加茂市~屋根融雪・地面融雪をガイド~ロードヒーティング・ルーフヒーティング・消雪・地下水・・・
新潟県加茂市の雪の質・量、気温、地域特性にあった融雪選びをお手伝い。重労働な除排雪、また危険を伴うこともある雪下ろしを肩代わりさせるだけでなく、落雪・落氷の心配を減らし、雪庇・つららなどもスッキリできるかも。融雪の上手・下手で結果は違います。融雪選びの要となる、業者選びもお助け。無料・匿名でいくらで.....

地下水の制限
消雪パイプなど地下水の散水による消雪は、凍結が心配される北海道を除くと、積雪地ではおなじみです。しかし、地下水の汲み上げすぎで、地下水が減ったり、またそれによる地盤沈下の原因になっているところも多く、地下水の使用制限に動いている自治体も少なくないです。

【秋田県大仙市】雪対策と融雪ガイド※地面/屋根融雪・井戸・ロードヒーティング
秋田県大仙市の融雪をガイド。地域的な雪質・量・特性を整理し、雪・氷・ツララ対策で何ができるかの解説と、どんな融雪が適切か?そして業者選びまでをガイド。屋根も地面も融雪でできることを知ることから。どこまでやるかも重要です。熱源選びは工事費だけでなく、メンテやランニングコストも考慮して選びたいです。電気.....

夜間・深夜電力だけで融雪が難しい理由/深夜電力だけで可能な融雪
もし価格の安い夜間の深夜電力だけで融雪ができれば嬉しいですが、多くの場合は難しいです。融雪は積らせないで降ったらすぐ融かすのが基本。いったん積ると、融かし難くなりロードヒーティングやルーフヒーティングで融かせなくなることもあります。夜間だけの運転では難しいです。ところが夜間電力だけでも可能な方法も実.....

屋根融雪を計画する上で大切なこと
個人の方が行う屋根融雪で失敗や後悔しないために、計画のときに見落としてはいけない大事なポイント。.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営