融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

融雪工事ができる時期、できない時期

融雪工事は工事する時期もポイント

融雪工事は冬できないってホント?

冬の積雪や、低い外気温が、工事の妨げの要因になります。
そのため、ロードヒーティングや、一部のルーフヒーティングで、工事ができなくなります。

ロードヒーティング(地面融雪)の場合

ロードヒーティングの場合、積雪により施工箇所の掘削や施工が、行えなくなったり、行えても困難になったりします。 また、舗装に使うコンクリートも、寒さで凍結して適切に施工できなくなったりします。

ただし業者によっては、地域特性や積雪状況を考慮した上で、冬場でも対応する場合もあります。 その場合、例えば、コンクリートの凍結防止のため、水のかわりに不凍液を使用するなどの対策をとるそうです。 とはいえ、気象条件により限界はあるため、あくまでも天候を見ながらの施工になるでしょう。

ルーフヒーティング(屋根融雪)の場合

屋根融雪の場合は、通年での施工が可能 ともいわれますが、やはり冬の間は施工はやりにくくなります。 一部の工事では、できない場合もあります。

積もった雪を寄せたりする手間がかかったり、施工費用が高くなる場合もあります。 また効率が落ちるため、施工にかかる日数が長めになることもあります。

融雪工事に適切な時期

4月又は5月~11月いっぱい くらいが、融雪工事を行うには適切な期間です。

特に、冬が近づくにつれて工事が集中しやすい ため、早めに検討を始める事が大事です。
ちなみに、自治体による補助金や助成、無利息・低利の融資などがある場合でも、先着順に予算を使い切ったら終了 する場合もあります。申し込みが遅れただけで、補助金や無利子融資などが使えないというのは、もったいないです。

傾向的には、ボーナス時期にも工事が増えるようですので、案外7月~8月ころが、じっくり検討するには狙い目でしょう。

匿名・無料の見積で融雪方法と業者を検討

ところで、実際に融雪をやろうとした場合、「いったい、どこに相談すればいいのか?」と悩まれる方も多いです。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で 融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

病院・医院・診療所の駐車場の融雪(消雪)|見積・提案で業者を選ぶ
病院・医院・診療所の駐車場といえば、融雪(消雪)が一般的です。重機や人による除雪と違い、手配の手間や、事故の心配もなく、スイッチさえ入れれば期待通りに雪を消せます。ランニングコストを重視した地下水の散水による消雪、見栄えがスッキリのロードヒーティングなど、病院・医院・診療所の駐車場の融雪の検討に役立.....

新潟県長岡市の雪に【融雪ガイド】地面・屋根融雪~ロードヒーティング・消雪・融雪ネット・融雪マットほか
新潟県長岡市の融雪検討をサポート。長岡の気温や雪の質・量、地域特性にあった融雪選びに大事なことは?落雪・落氷、雪庇・つらら、重労働な除排雪、危険を伴う雪下ろし対策に融雪でどう対応できるのか。肝心な業者選びも、まずは無料・匿名で提案を見てから選べる仕組みがあります。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポ.....

雪止めの老朽化に注意
雪止めは設置されていても老朽化などで破損していると、十分雪を止めることができずに、落氷雪の事故につながることもあります。ですので点検は欠かせません。そしてもし点検で破損が確認されたときには、早急に修繕することが大事です。

お隣への落雪・落氷を防ぐ方法&見落しがちな落とし穴
落雪や落氷、片づけた雪がお隣に入ることが原因でトラブルになることも多いです。もとは空き地だった隣地に家が建ったりで、予想外に問題が発生することも。フェンスなどの設置もやり方を間違うと、自宅を傷める原因になることも。お隣に迷惑をかけない安全な方法とは。.....

長野県の融雪ガイド~~融雪工事の見積お助け.com
長野県での融雪をお助けするサイト。長野県でも場所によって違う雪の量や質、気温などの気候、地域特性をまず整理。地下水、ボイラー、電気などの熱源や設置場所・機能などでいろいろ多様な融雪だから、どんな悩みや負担の解消に、どの方法がいいのかを知る事がまず大事。また業者選びもカギになります。無料・匿名で提案を.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営