融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

地下水融雪・消雪のメリットとデメリット

ランニングコストに優れた地下水融雪の長所・短所
散水消雪・無散水・融雪槽

北海道では ほとんど目にしない方式ですが、青森県 以南では「散水消雪」は 定番の ひとつです。そのほか、水浸しにならない「無散水」方式も 実績が多いです。

地下水は 「融雪槽」の熱源としても 用います。 たとえば 北海道では、石狩市、札幌市北区・手稲区の一部、滝川市、砂川市、奈井江町、秩父別町のほか、旭川市や、帯広市等の十勝などです。秋田市などでも 地下水方式の 融雪槽が使われてます。

まずは地下水が使える地域かどうか

地下水を使った融雪(消雪)は、10℃前後~の地下水の熱を利用します。 地下水は無料ですし、地下水を汲み上げるためのポンプの電気代だけで利用でき、ランニングコストがかなり安く済むのが特徴です。
ランニングコストでは、他のタイプと比較して、最も安くなるケースも多いです。

深さ数メートル程度の「浅井戸」で 水量が確保できるときは、他のタイプの融雪より 工事費でも安くなるでしょう。しかし、地下水の水源や水位が 深い場合は、井戸工事(ボーリング)や ポンプに費用がかかり、工事費は高くなりがちです。
なお、地域によっては地下水が利用できない ことも あります。「もともと地下水が出にくい地域」や、地盤沈下・地下水源の保全などの理由で「新たな地下水の取水を制限している地域」もあります。
できるかどうかは、必要な水量を 確保できる 水源の有無に 左右されます。

もし 工事費が高くなったとしても、ランニングコストが安いため、長い目で見れば 得な場合も多く、地下水が豊富な地域では、昔から実績の多い方法です。

地下水を利用する融雪には、「直接 地下水を散水して融雪(消雪)する方式」と、「無散水で地下水の熱だけ利用する方式」、さらに「融雪槽の熱源に利用する方法」等が あります。

地下水(井戸)タイプのメリット・デメリット

地下水を利用した融雪(消雪)の特徴を挙げていきます。(◎:優れてる/○:普通/△:劣る)

【使いやすさ】○
使い慣れた電気での運転のため、なじみやすく安心して使えます。ボイラー方式などのような 給油などの手間もありません。
降雪がなくても 凍結防止のために あえて散水することもあります。安易に散水を止めて、路面や 配管を凍結させないように 配慮も 要します。

【パワー】○
地下水の水温や 汲み上げる量によっても 変わります。適切な工事と運転により 目的は達成できます。

【ランニングコスト】◎
熱源である地下水は無料ですし、地下水を汲み上げるポンプの電気代だけで利用できます。 電力会社に融雪用の電気契約も利用でき、ランニングコストはかなり低く抑えられます。

【工事費】◎(浅井戸)~△(深井戸)
その土地の 地下水源の深さ・地盤状況・必要な水量等に応じて変わります。深さ数m程度の浅井戸と、深さが数十mの深井戸では、井戸掘削の工法や ポンプの種類も違います。深井戸の場合、工事費はボイラー方式等と比べても高いことも多いです。
ちなみに浅井戸なら水源確保(井戸掘削、ポンプ、電気工事等)で30万円程度~、深井戸なら水源確保で100万円以上かかることも多いです。
「無散水」方式は 舗装下への均等な配管工事が必要です(温水循環タイプのロードヒーティングと同じ構造です)。その一方で、「散水消雪」は 穴あきホースなど 簡易な方式なら 既存の舗装のままで大丈夫です。ノズルや 穴あきパイプを 埋め込む場合でも、必要な部分だけ舗装をカットして工事できるので、工事費が抑えやすいです。

【将来性】○
電気を用いることから、灯油などに比べると 単価の変動は少ないでしょう。
将来的なリスクとしては 地下水の枯渇や、地下水位の低下が考えられますが、十分に深い水源を確保すれば そのリスクも ある程度抑えられるでしょう。

【用途】
地面融雪(散水、無散水、融雪槽など)や 屋根融雪(散水)で利用されます。

地下水式が適した方/適さない方

地下水が豊富な地域では、昔から利用されており、各所で目にする機会も 多いため おなじみです。近くに 地下水を 利用している方がいれば、そこも地下水が使える可能性は高いです。

逆に、近所で あまり見かけない地域は、もともと地下水が利用できない 地域である可能性があります。

地下水式は、電気で動かすポンプ を使うシステムのため、ボイラーなどのように燃焼部がないことも 安心される理由かもしれません。燃料補給などの手間もなく、使い方も簡単で、高齢者だけの世帯にも安心です。

工事費は、井戸の深さによっては 他のタイプの融雪より 高くなる場合もありますが、その場合でも ランニングコストが安いため、長い目で見ると 経済性は 逆転する場合も多いです。

ところで、地下水には水質的に「カナケ」が多く含まれることもあります。その場合、散水したところが褐色などに染まります。そのため 見た目を重視する方の場合、ロードヒーティングを選ぶ方もいます。

ロードヒーティングと散水消雪の染色・水はね

様々な地下水による融雪

散水消雪だけでも、穴あきパイプや、穴あきのゴムホース(プロテクター、サニーホース等)、ノズルなど多様です。 やや高い位置からの散水で、雪下ろしや 除雪によって積み上げられた 固い雪の消雪にも 使われたりします。 散水だけでなく、無散水のタイプや、融雪槽との組合せなどもあります。

散水消雪・無散水・融雪槽

希望の業者探し & 納得の融雪検討を 匿名・無料の見積で お助け!

ところで、実際に融雪をやろうとした場合、「いったい、どこに相談すればいいのか?」と悩まれる方も多いです。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で 融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

融雪工事の失敗|【ランニングコスト・運転費用・維持費】編
融雪工事の失敗で多いのが、ランニングコストに関わるものです。急激な原油高などを背景に、中にはせっかくつけた融雪設備が全く稼動しない状況が続いているところも。ランニングコストに関係した失敗を取り上げ、失敗しない融雪についてと、失敗をリカバーするための方法を特集。.....

屋根融雪・地面融雪のガイド【新潟県上越市】~ルーフヒーティング/ロードヒーティング/消雪/井戸/・・
新潟県上越市も豪雪地帯として知られ、そんな上越市だからこそ雪の量や質、そして気温や地域特性にあった融雪を選ぶ事が大事です。融雪は単に、除排雪の労力や時間を省き、雪下ろしの危険を肩代わりするだけではないです。雪庇・つららなどもスッキリさせ、落雪・落氷の心配を減らし、ストレスや負担が減ることで、もっと冬.....

雨樋
積雪地では雨樋をつけない家も少なくないです。冬の間に雪やつららにより破損することも多いからです。冬の間だけ雨樋を取り外すということをしている家も多いです。他には、雨樋にヒーターを設置するという方法もありますが、大雪のときにはそれだけでは間に合わない場合もあります。

雪捨て場がない|市街地での除雪の悩み対策に融雪が選ばれる理由
市街地などでは除雪するにも雪の捨て場に困ることも多いです。近くに空き地や流雪溝などがあればいいのですが、そうでなければ敷地は狭くなりどんどん不便・不自由になっていきます。捨て場のない雪がどうしようもなくなれば、業者などに頼んで運んでもらう必要があります。しかし、業者への依頼は集中しやすく頼んでもなか.....

秋田県大館市の雪対策・融雪ガイド|地面・屋根融雪/井戸/ロードヒーティング/融雪機・融雪槽
秋田県大館市で融雪検討のため、まずは雪質・量・地域特性を整理。地域的には比較的浅い井戸で地下水が利用できるメリットも。雪・氷・ツララ対策のための融雪を解説。業者選びまでお任せOK。融雪について知る事が、屋根でも地面でもまずは大事です。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水など熱源もいろいろ.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営