融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

電気融雪のメリットとデメリット

使いやすさで選ばれる電気融雪の長所・短所とは
屋根融雪・ロードヒーティング

静か・使いやすい・省スペースで 雪を融かす 電気融雪

ボイラーのような 騒音・振動・排ガスなどがなく 静かで 周囲にもやさしいです。また、給油などの手間もありません。つまり、手間なく簡単に使えます。

ボイラーやヒートポンプなどのように、熱源となる設備がなく、設置スペースも不要(省スペース)ですし、メンテナンス面でも有利です。

手間やメンテナンスを気にされる方や、高齢者だけの世帯などにも あってます。
屋根融雪では 圧倒的に事例が多く地面融雪でも 昔から実績の多い 電気融雪です。

電気融雪のメリットとデメリット

電気融雪の特徴を挙げていきます。(◎:優れてる/○:普通/△:劣る)

【用途】
屋根融雪(ルーフヒーティング)では、電気融雪が一般的です。また、地面融雪(ロードヒーティング、融雪槽など)でも使われます。施工性がよく、階段や、形が複雑な場所、狭い場所などには 利用されやすいです。
一方で、施工面積が広いロードヒーティングの場合、ボイラー(石油・ガスなど)を使ったタイプに比べ、費用面でのスケールメリットが少なく、施工面積が広い場合には選ばれにくいです。

【使いやすさ】◎
使い慣れた電気のため、なじみやすく安心して使えます。灯油などのように給油などの手間もなし。

【融雪のパワー】○
灯油などに比べるとパワーは低いといわれますが、適切な工事や運用で目的は達成できます。

【融雪時の表面状況】◎
ロードヒーティングの 融雪時の 路面状況は、散水消雪(※主に青森県 以南)のような「水浸し」「水撥ね」の心配が ほとんどなく、車にも 人にも 優しいです。

ロードヒーティングの路面

【バリエーション】◎
例えば 屋根融雪では、「見た目スッキリ」な 屋根の内側に ヒーターを設置(屋根の鋼板・スレート・瓦などの下に設置)する方法や、「屋根をめくる施工に抵抗がある場合」は 屋根上に設置する方法等もあります。
地面融雪では、工事が不要な 融雪マットなどもあります。

屋根融雪

【静かさ】◎
ボイラーなどのような騒音や振動は発生しません。

【耐久性】◎
燃焼部分や駆動部分などもないので、故障が少なく耐久性が期待できます。

【ランニングコスト】○
契約する電力プランや使い方によっても変わります。灯油ほど価格の変動は少ないです。

【工事費】○
面積が小さい場合は、他の方式より安くなる可能性が高いです。一方で、面積が大きくなっても面積当りの単価があまり変わらないため、規模が大きい場合には、灯油ボイラー式などのほうが有利になる場合が多いです。

電気融雪にあっている方

屋根融雪は、圧倒的に 電気融雪が 多いです。

地面融雪でも、使い慣れた電気を使うため、なじみやすく、安心して使えます。燃料補給などの手間もなく、使い方も簡単で、高齢者だけの世帯にも便利です。
オール電化や太陽光発電がある家庭だと 特に慣れた電気が 使いやすいと感じるかもしれません。

電気融雪はメリットも多く、多くの方に選ばれてます。

とはいえ、電気融雪が 常にベストとは限りません。そのため、違うタイプの融雪と、使い勝手や 工事費・ランニングコスト等も含めて、総合的に 検討して選びたい場合には、いくつかの提案を 比較すると 分かりやすいです。
そのためには、必要に応じて 複数の業者に 問合せが必要になるでしょう。(融雪業者の場合、得意なタイプに特化している会社が多いため。)

匿名・無料の見積で融雪方法と業者を検討

ところで、実際に融雪をやろうとした場合、「いったい、どこに相談すればいいのか?」と悩まれる方も多いです。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で 融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

屋根の経年
屋根融雪には、施工後に屋根の葺き替えした場合、再利用できるものと、再利用しにくいものがあります。ですので、近く葺き替えを要すほど経年した屋根だとすれば、融雪の施工と一緒に葺き替えもするか、あるいは、再利用しやすい屋根融雪の製品を選ぶかというかたちになります。

秋田県大館市の雪対策・融雪ガイド|地面・屋根融雪/井戸/ロードヒーティング/融雪機・融雪槽
秋田県大館市で融雪検討のため、まずは雪質・量・地域特性を整理。地域的には比較的浅い井戸で地下水が利用できるメリットも。雪・氷・ツララ対策のための融雪を解説。業者選びまでお任せOK。融雪について知る事が、屋根でも地面でもまずは大事です。電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水など熱源もいろいろ.....

雪捨て場がない|市街地での除雪の悩み対策に融雪が選ばれる理由
市街地などでは除雪するにも雪の捨て場に困ることも多いです。近くに空き地や流雪溝などがあればいいのですが、そうでなければ敷地は狭くなりどんどん不便・不自由になっていきます。捨て場のない雪がどうしようもなくなれば、業者などに頼んで運んでもらう必要があります。しかし、業者への依頼は集中しやすく頼んでもなか.....

新潟県糸魚川市の融雪ガイド~屋根融雪・ロードヒーティング・消雪・融雪マット・雨樋・・
新潟県魚沼市は豪雪地帯。そんな魚沼市の雪の質・量、気温、地域特性にあった融雪選びをお手伝い。重労働な除排雪、また危険を伴うこともある雪下ろしを肩代わりさせるだけでなく、落雪・落氷の心配を減らし、雪庇・つららなどもスッキリできるかも。融雪の上手・下手で結果は違います。融雪選びの要となる、業者選びもお助.....

融雪工事の失敗|【ランニングコスト・運転費用・維持費】編
融雪工事の失敗で多いのが、ランニングコストに関わるものです。急激な原油高などを背景に、中にはせっかくつけた融雪設備が全く稼動しない状況が続いているところも。ランニングコストに関係した失敗を取り上げ、失敗しない融雪についてと、失敗をリカバーするための方法を特集。.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営