融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

灯油タイプの融雪のメリットとデメリット

灯油の融雪が他のタイプより優れてる点・劣る点とは
ロードヒーティング
融雪槽

維持費が安い!は 本当に過去のもの? パワーも健在!

灯油が1リットル 45円程度の頃は、ランニングコストで 圧倒的に有利でした。 その後、価格が上がったり・下がったりで、前ほど 圧倒的な経済的メリットは なくなりました。 しかし 実はそれでも、ボイラー式の灯油代のほうが、電気式の電気料より 安くできる場合も 多いです。

時折り「原油高騰」という言葉とか、直接的には関係のない「ガソリン高」等のイメージにも つられて、灯油ボイラーの経済性が 実際以上に 悪く思われがちな 傾向も しばしば 見られます。 先入観に とらわれ過ぎると 大事なことを 見落しかねないので 注意しましょう

(参考)1リットルあたりの灯油価格の推移(全国平均:店頭)
90年1月95年1月00年1月04年1月05年1月06年1月07年1月08年1月09年1月10年1月11年1月
42円47円43円44円56円75円75円97円68円70円82円
12年1月13年1月14年1月15年1月15年2月16年1月16年3月17年1月17年3月17年8月
89円96円104円92円82円68円61円78円78円76円
※データは「財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター」HP(「http://oil-info.ieej.or.jp/price/price.html」)の公開データを参考にしました。

灯油ボイラーの温水循環の融雪は、一般的に雪を融かす力が強い 傾向があります。力強く融ける融雪は、気持ちいいです。(ちなみに、灯油ボイラーのロードヒーティングに慣れた人にとっては、他の方式の融雪が 融けるのが遅いと感じる こともあるようです。)

ボイラー方式の融雪での 灯油代は、電気と違い「基本料金」などがなく、灯油を使った分だけの支払いです。(電気の融雪は 使わなくても かかる「基本料金」が ありますが、灯油ボイラーの融雪は 使わなければ 灯油代はゼロ円です。)

灯油タイプのメリットとデメリット

灯油タイプの特徴を挙げていきます。(◎:優れてる/○:普通/△:劣る)

【用途】
地面融雪(ロードヒーティング、融雪槽、融雪機)や、屋根融雪(ルーフヒーティング)で利用されます。

【灯油への慣れ・手間】△(慣れた人には○)
石油ストーブなどが普及した、灯油に慣れた地域で主に利用されてます。必要に応じて給油の手間があるため、慣れない地域の方には面倒に感じるかもしれません。

【パワー】◎
一般的に、電気タイプや、ヒートポンプより 雪を融かす力が強いです。
(ボイラー融雪に慣れた人が見ると、電気やヒートポンプの融雪は「融けが遅い」と感じるそうです。)

【融雪時の表面状況】◎
ロードヒーティングの 融雪時の 路面状況は、散水消雪(※主に青森県 以南)のような「水浸し」「水撥ね」の心配が ほとんどなく、車にも 人にも 優しいです。

ロードヒーティングの路面

【騒音】 ロードヒーティング・融雪槽○  融雪機△
「ロードヒーティング」や「融雪槽」で 使うボイラーは、大きくはないですが 音がします。お隣が 近く 寝室等との位置関係によっては、深夜等の運転に対して 苦情が出ることもあり、据付位置を 離すなどの 対応を要すこともあります。
「融雪機」は、除雪作業と並行して どんどん投入した雪を 融かしていくもので、ボイラーの音があります。

【耐久性】○
ボイラーの寿命は10年程度といわれています。おそらく電気タイプを勧める営業の人は、このように説明すると思います。ですが、実際には20年使用しても問題なく利用できてる場合も多いそうです。
(この理由は、融雪では40度くらいなど比較的低い温度で使うためボイラーの負担が少ないというのが、業者さんの見解です。)

【工事費】 ロードヒーティング・融雪槽○  融雪機◎
ボイラー方式のロードヒーティングは、施工面積が広くなるほど、工事費の面積当りの単価は下がります。
埋設がコンパクトな「融雪機」のほうが、槽を埋設する「融雪槽」より工事費は安いです。

【ランニングコスト】 ロードヒーティング・融雪機○  融雪槽◎
灯油が1リットル45円くらいの頃ならかなり価格的なメリットが大きかったですが、原油の高騰や価格が不安定な中で、その魅力は薄れています。それでも、1リットル90円くらいなら、ロードヒーティングや屋根融雪でも、電気より安くなる場合も多いといわれてます。
ゆっくり融かす「融雪槽」のほうが、一気に融かす「融雪機」よりランニングコストは安いです。

灯油は、電気などと違い基本料金がかからず、使った分だけの料金のため、暖冬や除雪などで 利用が減ったときの節約分が 分かりやすいです。
電力自由化の影響で、東北電力管内では 2016年4月から、北海道電力管内では 2017年4月から、一般電力と融雪電力(単価が安い)の併用が難しくなり、灯油タイプのメリットが相対的に高まっています。

【将来性】○
原油の高騰など、灯油価格の安定性には いくらか不安がありますが、経済性のメリットが失われたわけではありません。
将来的に熱源を ボイラーから「ヒートポンプ」等に変更する場合でも、舗装下に敷設された 配管などの設備は そのまま使える可能性が高いです。

灯油タイプに あっている方

石油ストーブなどで日常的に灯油を利用している方で、特に融雪のパワーを重視する方は、石油タイプの融雪があっています。 なお都市ガスが使える地域の場合、ガスのほうが ランニングコストが 経済的で有利なことがあります。

数十~100㎡以上など 広い面積の ロードヒーティングでは、灯油ボイラーが よく選ばれます。 ボイラー融雪は面積が広いほど、単位面積当りの工事費が安くなる傾向が強いです。 ヒートポンプの場合は、ボイラーより熱源設備の価格が高く、それだけ 工事費は 高いです。 電気ヒーターの場合は、広い面積でも 単位面積当りの工事費が それほど安くならないです。

灯油ボイラーの融雪に 慣れた人には、電気や ヒートポンプの 融雪は「融けるのが遅い」と感じる などの声も聞きます。「融け方について どう感じるか?」も ストレスを抱えないために 欠かせないポイントの ひとつです。

降雪センサー等による「自動運転」の融雪を 観察していると、雪の降り方が 微妙なとき等は、「スイッチONが早すぎる」と 感じることも あるようです。そこで 適宜 手動で ON・OFFを切り替える「手動運転」で、運転の精度を上げて、ランニングコストを減らそうとする人もいます。(「消し忘れ」「つけ忘れ」で 逆にコストが上がる 場合もあるので 注意が必要です。)
たとえば つけ遅れた場合などは、力の強いボイラー融雪のほうが カバーしやすく、「手動運転」には ボイラー融雪のほうが 向いているようです。

もし、工事費やランニングコストなども含めて、総合的に検討して選びたい場合には、いくつかの提案を比較するために、必要に応じて複数の業者に問合せを要します。(融雪業者の場合、得意なタイプに特化している会社が多いため。)

匿名・無料の見積でお助け!希望の業者選び & 納得の融雪検討

ところで、実際に融雪をやろうとした場合、「いったい、どこに相談すればいいのか?」と悩まれる方も多いです。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

「融雪工事の見積/提案のお助け.com」は、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で 融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

【消雪・融雪】お風呂の残り湯を利用した節約&小規模の融雪
お風呂の残り湯を利用した節約・小規模の融雪があります。融かせる雪の量は多くはなく小規模な融雪ですが、ただ捨てるだけのお風呂の残り湯の熱を利用するので、節約できます。しかも工事なしでも利用できる場合もあり、格安です。玄関や通路前の邪魔な雪を融かしたり、自然落雪屋根の小まめな落雪を助けたり、カーポートや.....

ロードヒーティングの節約法|ボイラーからヒートポンプへ
ボイラーを使ったロードヒーティング等の融雪。灯油高を背景に、ランニングコストが負担で運転を止めてる人もいます。手動運転を組合せて節約に成功する人もいますが、忙しい人には難しい面も。現場状況によってはボイラーからヒートポンプに換えることで、ランニングコストを半減できるかもしれません。.....

地面と屋根の融雪ガイド(新潟県柏崎市)ロードヒーティング/雨樋・ルーフヒーティング/消雪/地下水・・・
新潟県柏崎市の雪質や気温、地域性にあい、悩みや問題を解決するための融雪選びをお手伝い。除排雪や雪下ろしの肩代わり、落雪・落氷を防いだり、雪庇・つららなどをスッキリさせたりで、雪による不安やストレスがなくなれば、冬の暮らしはもっと楽しくなるはず。それには融雪の選び方が要です。業者選びも意外に難しいです.....

融雪ガイド|秋田県秋田市の雪対策|地面・屋根融雪/ロードヒーティング/融雪機・融雪槽/井戸
秋田県秋田市で融雪検討のため、まずは雪質・量・地域特性を整理。そして雪・氷・ツララ対策のための融雪を解説。業者選びまでお任せください。融雪でできることを知る事が、屋根でも地面でも大事です。また電気・灯油・ガス・ボイラー・ヒートポンプ・地下水など熱源もいろいろ。秋田県秋田市での融雪で失敗しないために。.....

流雪溝のつまり
流雪溝は雪片づけにはすごく便利です。しかし、処理能力は流れる水の量や溝の大きさなどによって限界もあります。大雪のときには無理やり詰めすぎたことで、詰まって溢れたというニュースを耳にすることもあります。便利な流雪溝ですが、使いう際にはマナーを守ることも大事です。

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営