融雪工事の見積/提案のお助け.COM  

落雪事故の現状(数字と概要)と対策

見落とされがちの落雪事故の危険

意外に多い雪害の発生

消防庁防災課の資料(「消防の動き' 1 0 年11月号」p28より)によると、例えば 2000年(H12)から2009年(H21)までの 10年間の自然災害による死者・行方不明者は1,174名です。

そのうち約4割にあたる438名が雪害によるものです。ちなみに、風水害は589名で最も多いですが、雪害は積雪地に限定されることを考えると、地域に与えている影響はより大きいと考えられます。


落雪事故の発生

例えば、「平成18 年豪雪」と呼ばれた、H17年12月からH18年3月までに雪害により亡くなった方は152名(消防庁調べ)でした。そのほとんどは、雪下ろし等の除雪作業中(113名)ですが、続いて多かったのが落雪などによる犠牲者20名です。なお 屋根雪に関わる犠牲者(雪下ろし・落雪)は、実に全体の6割に達する そうです。
なおこのときの重軽傷者の発表は2145名となってます。内訳は確認できませんが、軽傷などの場合、統計に入っていない負傷者も考えられますので、何百人かの方が落雪の被害を受けたと予想できます。※ 参考&数字引用:「今冬(平成17年12月以降)の雪による被害状況等(第62報)消防庁」

さらに、H22年11月~H23年3月の雪害では131名(消防庁調べ)の方が亡くなりました。そのほとんどは、雪下ろし等の除雪作業中(100名)ですが、やはり続いて多かったのが落雪などによる犠牲者15名です。なおこのときの重軽傷者の発表は1537名となってます。
※ 参考&数字引用:「今冬(平成22年11月から平成23年3月まで)の雪による被害状況等 平成23年6月3日 消防庁」

落雪事故での被害者は、落雪・落氷による衝撃のほか、落雪に埋もれて亡くなる方もいます。それぞれ痛ましい事故ばかりです。

屋根の落雪に保育園児が巻き込まれ 亡くなった事故や、除雪作業中の高齢者に屋根からの落雪 で亡くなった事故など。 また道路に面した屋根からの落雪・落氷で通行人が負傷 する事故もあります。

落雪事故の防止

落雪事故を防止するには、屋根への「雪止め」の配置が有効です。 雪国では一般的な「雪止め」ですが、物置やガレージなど簡易な建物などでは、設置されてない場合も目にします。

なお積雪地でも地域によっては自然落下方式ということで、雪止めをしない場合もあります。 その場合は、屋根の下に人が行かないようにすることが重要です。

「雪止め」をした屋根でも、決して万全ではありません。 なぜなら、軒部分の雪庇やつらら による落雪・落氷もあるからです。

つらら・雪庇を手間をかけないで防止する方法

つららや雪庇はいつの間にか、できてるものです。 常に監視して、必要に応じて屋根に上って落としたり、下から突いて落としたりを続けることが大事です。

大きくなり過ぎた つららや雪庇は、落とす作業自体が危険を伴うからです。

とはいえ、常にチェックして雪庇・つらら落としを続けるのは難しいです。忙しさやタイミングの関係で、気がつくと手がつけられない状態になることもあります。

そこで、屋根の つららや雪庇対策で、もっとも現実的で、効果的な方法が融雪 です。

軒部分に屋根融雪を行うことで、つららや雪庇を防ぐことができます。センサーも利用できるため、ON・OFFの手間も省く事ができます。

つららや雪庇対策だけなら、軒付近だけの施工で済み、工事費も抑えられます。
(例:軒に近い10~15㎡の施工で60万円程度など)

道路に面してる屋根の軒だけ対策するなど、厳選すればさらに工事費を抑えることもできるでしょう。そして、範囲を厳選することは、電気代や灯油代などのランニングコストを抑えることにも繋がります。

融雪により屋根の軒を覆う つららや雪庇がないだけで、家の見栄えは思った以上にスッキリします。

逆に融雪の範囲を広げることで、雪下ろしの手間もなくすことも可能です。
雪下ろしは、集中しがちで、業者の手配が大変だったりします。また、やっと手配できても1回で10万円を超えるような費用がかかることもあります。ちなみに10万円あれば、ひと冬分の融雪のランニングコストを十分賄えるケースは多いです。

屋根雪の融雪

匿名・無料の見積で融雪方法と業者を検討

ところで、つらら・雪庇をはじめ落雪対策として期待の高い融雪ですが、「いったいどの会社に相談すればいいのか?」と悩まれる方も多いです。

通常、融雪業者を探す場合には、電話して、まず、名前と連絡先と住所を教えて、自宅に来てもらって、というのが一般的です。

また、何社もとなると、この作業を何度も繰り返さないといけません。また、どんな融雪業者か分からない状況で、自宅に呼びますので、後からしつこい営業を受けたりする心配があるかもしれません。

そのような あなたの面倒な作業を省き、匿名という点を活かし、安心してご検討頂ける方法があります。

たとえば「融雪工事の見積/提案のお助け.com」をご利用いただくことにより、無料・匿名 にて、あなたの要望や予算に合った、最適な融雪の提案や見積などを受取ることが出来ます。
資料請求から、サイトの利用、業者さんからの提案まで、すべて無料 です。
匿名 で、業者さんから提案が受けられますので、しつこい営業を受ける心配もありません。
まずは資料請求をして下さい。
それから、ご家族で つららや雪庇、落雪・落氷の対策として融雪について、じっくりと考えてみて下さい。



ピックアップ

融雪ガイド【新潟市】新潟にあう地面・屋根融雪とは?ロードヒーティング、消雪他
新潟県新潟市にあう融雪を選ぶため知っておきたいこと。新潟市の雪の量や質、気温など気象条件、地域特性にあった融雪とは?融雪は様々。除排雪、落雪・落氷、雪庇・つらら等問題や悩みによってどれがいいの?また燃費がいいもの、施工性のいいもの、実績豊富なもの、新しいもの等々。業者選びも大事。提案を無料で見てから.....

融雪工事の施工事例の写真
融雪工事には屋根にする場合や、地面にする場合など目的や施工場所による違いや、電気タイプ、ボイラータイプ、井戸水を使うタイプなど様々な種類があります。それぞれの特徴や利用条件、コストの違いなどがあります。.....

山形県の融雪ガイド/融雪工事の見積お助け.com
山形県で納得の検討で満足の融雪を選ぶためのお助け。地域によって違う雪の量・質、気候、地域特性の整理から、融雪の種類(施工場所、施工方法、熱源など)を整理して、どんな悩みや負担にどんな融雪が合うのか?業者の上手な選び方まで。無料・匿名で提案を見てから業者を選びの仕組みも。.....

融雪(消雪)に関わる助成や補助金
融雪(消雪)工事に関わる助成や補助金について調べました。.....

地下水(井戸)融雪を選ぶ理由/選ばない理由(屋根・地面)
地下水(井戸)を用いた融雪・消雪は地下水が豊富な地域ではランニングコストに優れた素晴らしい方法です。散水タイプと無散水タイプがあり、地面だけではなく屋根でも利用されています。そんな地下水タイプが選ばれる理由と、選ばれない理由を特集。.....

写真で見る【融雪】
メニュー
融雪の基本
雪の悩みと対策
コラム
サイト・運営